恋愛&結婚 【セカンド女子】ダラダラと続く不倫を断ち切ってくれた男性は嘘の塊。私を偽る彼を捨てられない日々~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪府のドラックストアで化粧品の販売員をしている安田晴代さん(仮名・34歳)。腰まであるロングヘアに、ゆったりとしたラインの赤いコートがよく似合っています。眉毛の上で整えられた前髪に大きな瞳はさらに強調されており、多少の好き嫌いに分かれるかもしれませんが、とにかく美人で男女問わず目を引く個性的な女性です。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県の山奥の地域で、祖父母と両親の5人家族です。祖父母とは私が生まれる前からずっと同居しています。2人とも今も健在で、元気ですよ。年末年始は今でも親戚一同で近場の温泉旅行に行っています。小さい頃から両親は厳しかったですね。でもその分、おじいちゃんおばあちゃんは私に優しくて甘々でした。もう私も30超えているのに子供扱いですからね。恥ずかしながら今でもお年玉をもらっています。一緒に住んでいるのは父方の祖父母なんですが、父親もひとりっ子で孫は私だけなんですよ。だからかわいがり方がすごくて。ありがたいことなんですけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「付き合っているのかも、というよくわからない子が高校生の時にいました。高校時代はグループ交際が流行っていたというか、男女数人のグループ行動が多かったんです。クリスマスなどのイベントは常にそのグループと一緒で、その中で特に仲が良かった男の子とほぼ毎日電話をしたり、グループで遊んだ後に2人で遅くまで公園で話したり、ほぼ付き合ったような感じでしたね。初めてのキスも彼でしたし。でもどちらも付き合おうという話もせずに、高校卒業を機にグループで集まることが減っていって、彼との付き合いも疎遠になっていった感じです。今でも同窓会などで会う機会はあるんですが、お互いその話題にはまったく触れないんですよ。彼はすでに結婚していますからね。今さら確かめたりもしないですよね」

アルバイト先で出会った彼は男女問わず友達の多い人で……

1 2