恋愛&結婚 【セカンド女子】彼は友人の恋人⁉ 確かめればきっと会えなくなる……。3人が鉢合わせした場面で咄嗟についた悲しい嘘とは~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、千葉県の飲食店で働いている中根萌さん(仮名・38歳)。肩まである茶髪のツヤツヤストレートヘアに、きめ細かい毛穴を感じさせない透き通った肌が印象的な女性です。切れ長でややつり目な瞳は一見気が強そうなイメージを持ちますが、ゆっくりと話す感じから全体的におっとりしています。萌さん曰く「喜怒哀楽があまりないタイプかもしれません」とのこと。感情の起伏があまりない萌さんは男性ウケも良さそうに見えますが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親と2歳上と2歳下に兄弟がいる5人家族です。小さい頃はすごくやんちゃな子でしたよ。兄や弟とケンカをしたら、誰かが泣くまで、血を流すまで止めませんでしたからね。いつも傷だらけでした。父親は私のことを庇ったりしてくれていたんですが、母にはいつも放っておかれました。悪いことをすると母からも殴られていましたね(笑)。中学に上がってからは兄弟ゲンカもなくなり、部活一色でした。毎日バレーボールを追いかけていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学3年の時です。部活を引退して、刈り上げショートだった髪を伸ばしたら、少しモテるようになって。部活を辞めると、運動していた時と同じ量を食べ続けて太っていく子か、筋肉が落ちて痩せていく子に分かれるんですが、私は痩せていく子だったんですよ。卒業間際の冬休みにクラスメイトの男子に告白されて付き合いました。彼は陸上部で活躍していたスポーツ男子で、そこそこ仲は良かったんですが、別に好きではなかったです。嫌じゃなかったから、男女交際というものに憧れていたのでOKした感じですね。彼とは高校が別々になって、高校の1学期を持たずに別れました。私が同じ学校に好きな人ができちゃって……」

高校デビューを見事に成功させた萌さんはモテモテに

1 2