恋愛&結婚 【セカンド女子】不倫体質男からの『会いたい』メール、好きじゃないのに陥った泥沼恋愛~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、都内の企業で派遣スタッフとして働いている大畑未来さん(仮名・34歳)。鎖骨まであるゆるいウェーブのかかった茶髪に、目を囲むようにしっかりと引かれたアイラインと、ぽっちゃりとした体形が印象的な女性です。出身は愛知県で、両親と2歳下に妹がいる4人家族。仲の良い両親に育てられ、明るく社交的なところから友人には恵まれるも、高校までは恋愛は皆無。大学時代には彼氏はできるものの、新しい彼女ができるまでのつなぎ要員とされてしまいます。社会人になり、社内の男性複数人と男女関係になりますが、付き合いには至らず。そんな中、友人関係だった男性の不倫相手に誤解され、女性特有のいじめから退職。そして東京で新しい生活を迎えますが……。

「東京の生活は順調でした。最初は友人の自宅に居候しながら職探しをして、就職先が決まらなかったこともあり、派遣に登録して仕事を始めました。友人宅は2か月ほどお世話になってから、1人暮らしを始めました。派遣先は全体的に男性社員が多い会社で、女性が少ないところがすごく楽でしたね。そして、懲りもせずまた社内にちょっと気になる男性ができたんです。その人は1歳下の男性で、高身長で顔もかっこよくて。結構、人の悪口とかを言う人だったんですが、そこが裏表がないというか、私には素を見せてくれているんだとプラスにとっていました。でも、その男性はまったく私を異性扱いしてくれなくて……。そこまで友人だとこちらからも好意なんて示せずに、その男性とは一定の距離がある友人関係として続いていきました」

そんなことを前の会社をいじめで辞めるきっかけとなった、友人でもある4歳年上の不倫体質男性に相談します。そしてその彼に会った時に、アプローチを受けたと言います。

「彼は営業だったので、よく東京に出張に来ていたんです。その度に私と飲みに行っていました。東京で何度目かに会った時に、彼から不倫相手と別れたと聞かされました。その時は、まぁ面倒くさい女だったからな~とそんな感想しかなかったんです。でも彼は次の瞬間に、まさかの私を口説いてきたんです。4年くらいただの友人だった私を。間違いなく彼は、新しい不倫相手を探していたんだと思いました。不倫相手として、すでに名古屋を離れてたまに会える関係の私がピッタリだと。ふざけんな!って思いましたよ。その日は私の恋愛の相談もできずで、怒って帰りました。友人関係を彼は壊そうとしたんですから」

友人だった彼からのアプローチをかわすこと1か月……

1 2