恋愛&結婚 【セカンド女子】告白を受け入れてからの既婚カミングアウト!病み系男の呪縛の行く末は……!?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のメーカーで働いている村田未希さん(仮名・35歳)。ツヤツヤの鎖骨まである黒髪ロングをゆる巻きにし、服装は黒のタイトなVネックのセーターに黒のスリットの入った膝上のタイトスカートを履いています。身長が150センチぐらいしかなく、細身ですごく華奢に見えます。化粧に派手さはないものの、無地のバックや、小ぶりのネックレスはブランドもの。どことなく漂う女性らしさや、品の良さを感じる未希さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親との3人家族です。父親は会社の役員をしていて、母親は専業主婦です。私は両親がなかなか子供を授かれずにやっと30代でできた子供とあって、すごく大切に、やや過保護気味に育てられました。数駅のところに父方の両親が住んでいるんですが、祖父母も私には甘々でしたね。私は父方で唯一の女の子の孫だったんです。小学校の頃から真珠などの貴金属をもらったりしていました。高校生になっても友達の家に泊まることが禁止だったり、門限があったりとやや厳しい部分はあったんですが、両親とは仲良しですよ。心配をかけまいと私も真面目な学生生活を過ごしてきましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。他校生の同い年の人でした。その彼は友人の彼氏の友達で、紹介みたいなかたちで出会いました。彼のことは見た目もタイプじゃなくてちょっと悪そうなチャラチャラしている感じで、興味がなかったんですが、何度か友達カップルと4人で遊んでいるうちに話していて楽しくなったんです。彼はすぐに付き合おうと言ってきて、何度かはまだそんなによく知らないからという理由で断ったんですが、最後に告白された時に、これで振られたらもう二度と遊ばないと言われたことがあって、それは嫌だと思ってOKして付き合うことになったんです。

付き合ってからは楽しかったですよ。当時私はピアノと塾に通っていたので、平日に会えるのは週1~2回ぐらいだったんですが、それ以上にどうしても会いたくて塾をよくサボっていたんです。それが親にバレて、彼を家に連れてこいってことになって、2人で怒られました。私はそんな時も彼と両親の公認の仲になれたと喜んでいたんですが、彼は私の両親が面倒だったみたいで、徐々に疎遠になっていき、別に好きな人ができたと振られました。あの時は両親の過保護気味なところを逆恨みしましたね……」

男性に免疫をつけられないまま学生時代は終わり……

1 2