恋愛&結婚 【セカンド女子】この関係を続けるのは自分の意思。本命彼女の愚痴の聞き役だとしても、彼という精神安定剤は離せない~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪の編集プロダクションで働く長野百合子さん(仮名・37歳)。少しだけ茶色く染めたショートカットにシルクのシャツ、その上に羽織ったベージュのジャケットを着ています。黒のストレートパンツに7センチ以上ありそうなウェッジソールのパンプスを履いており、全体的に落ち着いた大人の女性といった雰囲気です。メイクもアイライン、マスカラなど化粧っ気はあるものの、色味は少なく、品の良さを感じます。どことなく落ち着いた雰囲気さえ感じる、そんな百合子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は京都府で、両親との3人家族です。両親とも元高校教師で、他人と比べたことがあまりなかったんですが、厳しかったと思います。両親とも『人様に迷惑をかけるな』、『なんでも1度は自分でやってから無理だと言いなさい』など、甘えることをあまり許してくれませんでしたから。でも、家族仲はそこまで悪くなかったですよ。家族旅行に出かけることもありましたし、勉強もよく見てくれましたね。おかげで、成績は上の中くらいをキープできていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生になってからです。3年生で参加した合コンで出会った人でしたね。中学はソフトボール部で、髪も今より短い刈り上げショートで、キャピキャピはまったくしていなかったです。高校では好きな男の子はできましたが、私も何も行動を起こさなかったし、相手からも気づいてもらえずに見ているだけで終わってしまいましたね。

大学は京都にある有名私大に入ることができて、3年の時に合コンで知り合った、同い年で別の大学に通う彼氏ができました。実は、その飲み会では羽目を外してしまって、お酒を飲み過ぎて目が覚めるとその人の家にいたんですよ……。でも着衣の乱れはなく、純粋に飲み潰れた私を連れて帰ってくれただけみたいで。そんなきっかけで仲良くなり、付き合うことになりましたね」

両親の邪魔により彼との関係は……

1 2