恋愛&結婚 【セカンド女子】優しい彼は浮気後、“気を使える”彼に変身。でも許せないマウンティング女子の結末とは!?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のコールセンターで働く平良由美さん(仮名・35歳)。胸下まであるロングヘアは耳から下部分が茶色く、上部は黒い地毛のままのよう。メイクはよく見るとファンデーションの形跡はあるものの他に色味は感じず、整えられていない眉毛の太さに目がいきます。服装はグレーの変形カットソーにミモレ丈の花柄のスカートを履いています。どことなくオシャレに無頓着さを感じてしまう由美さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は名古屋で、両親と6歳上に兄のいる4人家族でした。私が中学生の時に両親が離婚して、実家に残った父親に兄妹ともについて、母親が出て行きました。そこから母親には一度も会っていません。離婚理由は母親の浮気みたいです。父親からは詳しく聞いてなくて、父方の祖母が愚痴っていたのを聞いたくらいなんです。母親のことは今は何の感情もありません。離婚が思春期だったので一時は恨みましたが、もうどうでもいいです。会いたいとかも今さら思いません。父親が大切ですから」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年生の時です。中学生からずっと好きだった子を追いかけて、勉強を頑張って同じ高校に入学したんです。そして入学してすぐに告白しました。中学3年の時に告白したら、もし振られちゃったら高校まで行く気が失せるじゃないですか。だから告白は入学してからって決めていました。本当にダメ元で告白したんですが、返事はOKで!私のことが好きというよりは嫌いじゃなかったからという理由みたいですが、全然OKでした。彼とはクラスが別れていたので、他の人が彼を見つけちゃう前になんとかしたかったんです」

高校時代は彼に夢中になり、彼のことばかりで友人作りが疎かに……。

「彼は勉強ができるけどややスポーツが苦手で、クラスの人気者というより委員長タイプです。私が中学で好きになったきっかけも、同じ地区に住んでいる学生たちの集まりがあり、その地区長としてリーダーシップを発揮するのを見たからでした。顔は目鼻立ちもはっきりしていなくて、そこまでカッコいいわけじゃないけど、きっと彼の顔が好みの女性もいると思います。一部からは人気がありそうな、彼はそんなタイプでした。

彼が誰かに気に入られるんじゃないかと、毎日不安で登下校はずっと一緒に帰っていました。登下校を一緒にすると嫌でも付き合っているんだと噂が回るじゃないですか。それを狙っていました。登下校の他にも、昼休みなども暇があると彼に会いに行っていましたね。そうしていたら、私自身がクラスの中で浮くようになっていて……。いじめられるとかではなく、移動教室を一緒に行動してくれる友達もいたんですが、放課後に遊ぶ友達が1人もいなくて。その分ますます彼に依存してしまいましたね」

遠距離の隙間を埋めるため、電話代を稼ぐ短大生活

1 2