恋愛&結婚 【セカンド女子】今さらひけない!同棲中に打ち明けられた衝撃の一言「好きな人がいる」。それでも選んだ彼との生活~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪のレジャー施設でフロントの仕事をしている辻本多恵さん(仮名・34歳)。丸みのあるストレートボブに、しっかりとひかれたアイライン、マツエク、ぽってりとした唇に塗られた赤リップが印象的です。服装は赤いレースがあしらわれた紺色に白い水玉模様のノースリーブワンピースを着ており、深めに入った首元のVラインからは胸元が見えます。全体的に艶っぽい雰囲気のする多恵さんは男性受けしそうなタイプ。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は山梨県で、両親と5歳下に妹のいる4人家族です。家族仲はいいほうだと思います。両親はそこまで厳しくはなかったんですが、私の実家の近くには従妹家族、祖父母などが徒歩数分の距離に住んでおり、祖父が厳しい人でした。従妹もすべて年下で、しかも全員が5歳以上年下だったこともあり、親戚同士の集まりでも中学生の頃から大人扱いで、他の子が遊んでいるのに用事をさせられていて嫌だった記憶があります。ちょっとでも休むものなら、祖父から怒られていましたから。うちの父は長男だったこともあり、ちょくちょく祖父の家に行かないといけなくて、中学の頃からずっと家を早く出たいと思っていました。今はその反動か、高圧的な男性が苦手なんですよ」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学に入ってからでしたね。高校時代は祖父が寝たきりになってしまって、母親を助けるために部活もアルバイトもしないで介護を手伝っていました。本心を言うと、やりたくなかったです。でも、どんどん疲弊していく母親を見ていられなくて……。祖母は私には優しいんですが、母親にはきつくあたることはないものの、遠回しな嫌味を言うタイプの人で。何も助けてくれない父親にも、毎日イライラしていました。そんなこともあって、高校時代は男性が嫌いでしたね。何の役にも立たない、辛いのは女性ばかりだという気持ちが大きかったと思います。祖父は私が高校3年生の時に亡くなってしまいました。

彼は大学時代に始めたアルバイトの人で、2つ年下の高校生でした。遊びに誘われたり、メールを毎日くれたりと、彼からのアプローチで付き合うことになったんです。最初は制服の彼に戸惑いましたが、高校時代は異性と一緒に過ごすことがほぼなかったので新鮮でした。彼が手に入れてきてくれた制服を着て、高校生デートもしたことがありますよ。知り合いに会わないように、山梨のずっと奥地で散歩しただけですけどね」

大学を卒業後は、都内の社宅があるエステサロンに就職します。

「大学は都内だったんですが、実家を出ることを許してもらえなくて2時間ぐらいかけて通学していました。なので、絶対に就職したら出ると決めていました。大学時代はアルバイトをしていたものの、貯金があまりたまらなくて。一人暮らしに賛成してくれていない親を頼ることもできないと思い、社宅や家賃補助のある仕事を探しました。私は三流大学の文系だったので大手は軒並みダメでしたね。絶対に就職したかったので、高卒でもフリーターでもOKなエステサロンに応募して、就職することができました。そこは都心ではなかったものの、小さなアパートの数部屋を社宅として使用しており、条件もそこまで悪くなかったので」

うまく馴染めない東京の生活の中、出会った俳優志望の彼

1 2