恋愛&結婚 【セカンド女子】浮気を公認したのは私。好きなのに、体に触れられるのを拒んでしまう非性愛者の結末~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、兵庫県のシティホテルでフロントスタッフとして働いている追田純子さん(仮名・30歳)。黒髪のショートボブヘアは天使の輪がはっきり見えるほどツヤツヤしていて、化粧気があまりないのに黒目がちな瞳が印象的。服装はクリーム色のTシャツに、ギャザーの入った黒のサロペットを着ており、服から出ている腕や足首などは細く、170センチ弱ある身長と相まってモデルのような雰囲気を感じる女性です。純子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は京都で、今は両親と2歳下に弟がいる4人家族です。父親は今は引退しましたが、高校教師で厳しく躾られました。学生時代はずっと門限がありましたし、1分でも遅れると家に入れてもらえませんでした。家は父の親の代からある平家の一戸建てで、締め出された時に縁側の雨戸をいかに音をたてないで開けるかが大学時代にはすごく上手になってましたね。ウチは絵に書いたような亭主関白の家だったので、母親は父親の言いなりで、親の期待は全て弟に向かっていました。なので、居心地は悪かったです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時に友人の友人として出会った、別の大学の同い年の子でした。彼のことは出会った時から少しいいなと思っていて、2人で遊ぶようになり、付き合おうと彼から言ってくれて付き合うことになりました。

彼のことはちゃんと好きだったんですが、彼にくっつきたくはなるのに、いざそういう雰囲気になると嫌悪感に襲われたんです。何度もそういう雰囲気になるのに拒み続けていたら、彼に距離を取られるようになってしまって……。別れたくなくて、付き合って半年ぐらいだった時に男女関係になりました。でもその行為は私にとって苦痛でしかありませんでした。一応ビデオや友人からのレクチャーで知識だけはあってので、彼との行為はノーマルだったこともわかっていました。でも、その行為が辛くて仕方なかった。一度は許せたものの、その後がダメになり、拒み続けたことで彼とギクシャクしてしまい、1年ももたずに振られてしまいました」

その後は少し気になる男性はできても、恋愛関係に発展することはなかったそう。しかし、職場では友人に恵まれます。

「大学を出て、企業に受付スタッフを派遣している会社に就職しました。そこはほとんどが女性で、同じ企業に派遣された女性と仲良くなったんです。彼女は1歳上で、私と一緒で恋愛の話題が全くなくて、他の人の輪にあまり上手に入っていけないタイプで意気投合した感じでした。23~24歳くらいの時って、女性の主な話題ってほとんど恋愛になるじゃないですか。彼女はそんなこともなくて。私も派遣先の社員さんに少しいいなという男性がいたぐらいで、話したこともない人でしたから。彼女とほぼ毎日一緒に過ごしていましたね」

友人からのカミングアウトで自分の性に気づきがあり……

1 2