恋愛&結婚 【セカンド女子】独立した彼の隣に表れた女性は誰?バーテンダーの優しい笑顔に夢中になってしまった、恋愛免疫低め受付嬢~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の総合病院で受付の仕事をしている柏木桃子さん(仮名・35歳)。肩までありそうな少しウェーブしたクセのある黒髪を後ろに1つに束ね、幅の広い二重は日本人離れした雰囲気があります。服装は白のノースリーブにウエストにリボンの付いた紺のサロペットを着ており、肉の付いていないスラッとした腕がきれいです。カバンは黒のブランドもののショルダーバックで、財布、キーケースともに同じブランドで統一されていました。しかし、カバンの角はすれて破れており、光沢のなくなったレザーから年季を感じます。桃子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と2歳下に弟との4人家族で、家は父方の両親と同居していました。父親は普通のサラリーマンで、母親は専業主婦です。夫婦仲は私が物心ついたころには冷めきっていましたね。祖父母はおとなしい人だったんですが、私が大学生くらいの時に祖父のほうが認知症になってしまい、癇癪とかが酷かったです。それを1人で母親が受け続けていました。私と弟が母親をかばいに行こうとしても、母親がそれを嫌がって離れさすんです。それなのに、父親と祖母は知らんぷりで、結婚ってあまりいいものじゃないなって小さい頃から思っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「社会人になってからなんです。思春期だった学生時代は引っ込み思案で、高校も女子高だったので本当に何もありませんでしたね。同じ女子高でも彼氏がいた子はいましたが、私の友人たちは同じタイプだったので、本当に全くで。今思うとちっともかっこよくないのに、英語の30代の先生が人気あって、その先生のことをみんなで憧れていたぐらいです。

初めての彼氏は社会人になってから、同じ職場の人の紹介で知り合った4歳上の男性でした。見た目はややぽっちゃりしていて白くきれいなもち肌が印象的な、癒し系の男性でしたね。職場の友人とご飯を食べていた時にたまたま彼も友人と近くで飲んでいて合流した感じで、正式な紹介とかではなかったんですが、ほろ酔いだった彼にその日に口説かれた感じでスタートしました」

初めての彼氏との付き合いは、言いたいことも何も言えないまま浮気をされて破局。別れる際、ひどい言葉を浴びせられ、恋愛不信になったと言います。

「彼とは半年ほど付き合いました。初めての彼氏で、家族以外の異性とは友人さえいなかったので、最初は戸惑うことばかりだったんです。彼の口から女性の名前が出るだけでムカムカしたりするのに、外で手を繋がれることは嫌だと感じたり……。とにかく負の感情を押し殺すのに必死でした。彼はそれがつまらなかったみたいで、他に好きな人ができたと振られたんです。別れ際に『一緒にいて全然楽しくなかった』と言われました。異性は全く別の生き物で、わかり合えないんじゃないかとその時は思いましたね」

飲み会で男性不信のリハビリを開始するも……

1 2