恋愛&結婚 【セカンド女子】浮気に気付かなかったのはお互い様だったから?私にだけじゃなかった『子供ができたら結婚する』という約束~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪でアパレル店員として働く甲谷亜紀さん(仮名・34歳)。明るい鎖骨まである茶髪にベレー帽を合わせており、茶色のアイラインやマツエクなどが良く似合う色素の薄い大きな瞳が印象的です。服装はロング丈の黒のスウェット素材のワンピースを着ており、斜め掛けのカバンはヴィンテージブランド。身長が低いことを気にしているのか、厚底のサンダルを履いています。全体的にかわいく、年齢よりもずっと若い雰囲気のある亜紀さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は京都で、母親との2人暮らしです。私が小学校の時に両親が離婚して、そこからは母親の実家で暮らしていました。実家には祖母しかいなくて、その祖母も私が25歳の時に亡くなりました。小さい頃はほとんど祖母に育てられたような感じです。ずっと一緒にいてくれたので、周りが思っているような母子家庭の寂しさはあまり感じたことがありません。父親の記憶は残っていますが、母親とケンカしていた印象しか残っていなくて、父親の大声だけ残っているんです。そのせいで、今も声が大きい男性は少し苦手ですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。相手はナンパされた社会人の男性です。6歳くらい上だったと思います。今はさすがにしていないんですが、地元の友達と京都の鴨川付近のベンチに座ってナンパ待ちをよくしていたんです。あそこは当時ナンパがすごかったですから。声を掛けられない日はありませんでしたね。そこでメアドを交換した人と後日2人でご飯に行って、付き合うことになりました。

彼は友人に連れられてナンパしてきたような人で、付き合ってから1か月くらいは手しかつないでこなかったぐらいです。でも、3か月くらいで別れてしまいました。別れた原因は、付き合っている時に、お互いナンパしている、されているところに遭遇したんです。一瞬お互い固まったんですが、すぐに知らない人のフリですよ。後日どちらからも連絡しなくて、そのまま自然消滅です」

高校卒業後は大阪の短大へ進学。そこで知り合った友人に誘われて参加した合コンで1人の男性と出会います。

「出会った瞬間にビビッときたんですよ。彼は2歳上の大学生で、ケインコスギさんに似た爽やかな見た目とか、穏やかなゆっくりとした話し方や、友人にいじられている姿とかすべてに。合コンでは向かいの席だったので、常に彼と会話をして、2次会のカラオケではずっと隣をキープしていました。女子同士でトイレに行った時に『私は彼狙い』と宣言をしてライバル排除にも努めましたよ。その甲斐もあって、彼と帰り際に連絡先を交換することができたんです。今のようにグループでLINEアドレスを一斉送信みたいな感じじゃなかったんで、アドレスを交換できた時は嬉しかったです」

学生から社会人への移行期に別れるカップルにはなりたくなかった

1 2