恋愛&結婚 【セカンド女子】好きなものは好き!恋愛依存の私が、彼に突きつけられた復縁の条件とは?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のマツエクサロンで働く青山里奈さん(仮名・33歳)。鎖骨まであるゆるいウェーブの入った茶髪に、はっきりとした幅広の二重のラインなど目鼻立ちがハッキリとしており、どこか日本人離れした雰囲気があります。服装はフレンチスリーブの白いTシャツに、グリーンのギャザーの入った膝丈スカートと可愛いらしさのあるコーディネート。ややつり上がった瞳、眉などから、少し気の強そうな印象を受けます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と3歳下に妹、4歳下に弟がいる5人家族ですが、私と妹弟は異父姉弟です。私の物心ついた時には今の父がいたんです。だから何も気づいていなかったんですが、専門学校の時に母親から話されて知りました。母親は20歳になったら伝えると決めていたみたいです。父親はその頃には母親と離婚していたのでちゃんと話す機会はありませんでした。少しショックだったけど、取り乱すことはなかったです。お姉ちゃんだからと我慢させられることはあったけど、父親はいつも優しかった印象が残っていますから」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「専門学校の時です。高校は好きな人はいて、一緒に遊びに行ったりする関係にはなれても、告白してくれないまま、そのままフェードアウトされてしまうような感じでしたね。

高校卒業後に、美容学校に行ったんですが、初めての彼氏は学校で仲良くなった同い年の男の子でした。私から告白して、いつも学校終わりは一緒に過ごしていました。学校中の公認カップルになっていましたよ。すごく好きだったから、友人よりもずっと彼を優先するような感じでした。あまりに友達の誘いを断り続けると、誘ってくれなくなるんですよね。でも、友人よりも彼と一緒にいたかったから仕方ないと思っていました」

卒業後は、横浜の美容院に就職。彼も市内の美容院に就職するものの、前のように会えなくなったそうです。

「彼は就職を機にひとり暮らしを始めていて、私は母親だけにするわけにもいかず、実家から通っていました。彼とは毎日メールや電話をしていたんですが、お互いレッスンが忙しくなって、電話がなくなり、メールも彼が寝落ちしてしまって数回のリターンで途絶えることが増えていきました。仕方ないとは思っていても、私は起きているのにと腹が立つんです。本当ならどんなに忙しかったとしても会う時間を作れるはずだと、それをメールや電話で我慢しているのにって。何度か彼に訴えても、『ケンカしたくない』と流されるようになっていました」

彼に会えないストレスから肌に蕁麻疹が……

1 2