恋愛&結婚 【セカンド女子】提出したはずの婚姻届が彼の手に。仕事を家に持ち込まない彼が見せた彼女のために働く残業姿~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店で営業の仕事をしている田中望美さん(仮名・34歳)。茶色に染められのショートヘアに、大きなアーモンドアイとキリッとつり上がったラインで描かれた眉が印象的です。身長は150センチちょいと小柄でとにかく小顔!「身長と童顔を隠すようなメイクや服装を意識しています」と語るように、ギャザーの入ったグレーのシャツ、黒のワイドパンツに合わせているのは10センチ以上ありそうなヒール。一見きつそうに見えるものの、話してみると営業職らしく人当たりの良さを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は名古屋で、母と3歳上の姉との3人家族です。父親は一度も会ったことがありません。小さい頃は亡くなったと聞かされていたんですが、高校の時に父方の祖母が私に会いに来て、父親が生きていることを知りました。父方の親戚に会ったのもその時が初めてで、いないと思っていた存在が実際にあるとどうしていいのか本当にわかりませんでしたね。祖母に会ったことは母親には言えず、姉にしか相談できませんでした。姉は私より事情を知っているのか『忘れな』って言っただけでしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の時に同じ同級生の男の子と付き合っていました。彼は小学校から同じで、大勢いた男友達の1人です。小学生の時からいいなって思っていたけどただの友人で、高校進学で別々のところに行くことがわかって私から告白したんです。付き合ったのは1年ほどで、高校1年の冬に別れました。テスト期間で些細なことでケンカになって別れちゃった感じですね。当時はイライラしていて別れて悲しかったとかは思ってなかったかも。その後大学の時に一緒になって、友人関係は復活しました。今でも地元に帰ったら集まる1人です」

高校、大学時代はモテモテだったそう。そのことが原因で女友達は少なかったものの、いじめられた経験はなし。仲の良い先輩が守ってくれていたと望美さんは語ります。

「高校ではバレー部に所属していました。その時から常に背の順では一番前で小さかったんですが、バレーがやりたくて。学校はそこまでスポーツに力を入れてなくて強豪校でもなかったので、2年の時にはレギュラーになることができました。部活では1学年上に仲の良い先輩ができたんです。その先輩は中性的で女性から人気がある人で、その人と仲良くしていたからいじめられなかったんじゃないかなって思っています。高校では男子から告白されることがよくあって、人気のある子と付き合うと女子からのやっかみの対象になってクラスで浮くこともありました。クラスにいても面白くないので、休み時間はずっとバレー部の子とつるんでいましたね」

出会った彼はデザイナー。ひとつのことに打ち込む姿に惹かれていき……

1 2