恋愛&結婚 【セカンド女子】不倫1年離婚劇も恋のスパイス!? 仕事のできるエリートの正体は、社内恋愛を繰り返す恋愛体質男~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある外資系化粧品ブランドでマーケティングの仕事をしている桧山貴子さん(仮名・37歳)。鎖骨まであるストレートヘアに前髪が眉毛よりも短めに揃えられており、目と眉毛の間は狭くハッキリした顔立ちをしています。服装は白のハイネックのセーターにハイウエストのデニム、上にはノーカラーのグレーのコートとオシャレな印象を受けます。やや甲高い声で早口なところがあり、自他共に認めるせっかちだそう。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪府で、両親と2歳上に姉がいる4人家族です。父親は印刷業務を扱う会社の営業職で、母親は家の近所のスーパーでパート勤務をしていました。家族仲は普通だと思いますが、小さい頃はいつも姉が親に怒られていた記憶が残っています。昔から私は学校の成績が上の中くらいで、姉は中の下くらい。いつも親から怒られるのは姉で、褒められるのは私でした。姉は根が真面目なので、親の小言をかわすことも上手じゃなくて、何も言い返さない。そんな姉に対して、私も昔はイライラしたこともあります。今は姉妹仲も普通なんですが、大学に上がって実家を離れるまではあまり口を聞いていませんでした」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学の時に上京して都内の大学で知り合った、横浜育ちの同い年の男の子と付き合いました。上京したての時って『だね』とか標準語の語尾を男の子が使っているとかわいく感じてしまって、その子もかわいいところが大好きでした。今思うと全然普通なんですけどね(苦笑)。彼とは2年ほど付き合ったんですけど、最後は実家に帰らずに私の家に入り浸るようになって、ずっと一緒にいることに疲れてしまって私からお別れを言いました」

その後は出会いこそあったようですが、付き合うまでにはいかず。何度か気になった人ができてもその人に好意を示されると気持ち悪くなることもあったと言います。

「すごく惚れっぽくて、気になる人はいっぱいできるんですけど、その人と恋愛関係になることがリアルになってくると、気持ち悪くなってしまうんです……。付き合うほど好きじゃなかったと再確認するというか……。そんな感じで、29歳になるまで彼氏ができませんでしたね」

仕事が楽しくなってきた時に出会った営業グループのリーダー

1 2