恋愛&結婚 【セカンド女子】「結婚願望がないから」と恋人関係を拒否し続ける無責任男。その呪縛は学生時代から10年も続き……~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にあるスポーツ施設などの運営をしている会社の人事で働く大塚ゆかりさん(仮名・30歳)。全体的にかわいらしい雰囲気を持ち、男性受けも良さそうに見える女性です。

出身は都内で、両親と3歳上に姉がいる4人家族。家族仲も悪くなく、どちらかというと放任主義で好きなことをさせてもらっていたとか。高校時にアルバイト先に好きな人ができますが、彼の心変わりで破局。元彼のことを引きずりますが、専門学校に進学した後に出会った男性と付き合うことで忘れることができます。しかし、その男性との恋愛にものめり込んでしまい、学校を1年途中でやめてフリーターに。彼の家に入り浸るようになるものの、彼からの『嫌なら別れよう』の言葉に傷つき一度は別れることにしましたが……。

「毎週来る彼からのメールで、別れた後もずっとつながっているような気がしていました。それに、いつでも彼女に戻れるような気もしていたんです。でも、そうじゃなかった。彼は会いたいと言ったら会ってはくれますし、優しいけど、ヨリを戻そうとは言ってくれませんでした」

体だけの関係になったものの、彼に新しい彼女はできていなかったとか。再度彼に告白して、彼女に戻ろうとしたそうですが……。

「会っていない時はわかりませんが、彼女はいないと言っていたし、私に対して好きだとかは言ってくるんです。一緒にいる時は普通のカップルと同じなんですよ。でも、ちゃんとした言葉というか、約束が欲しかった。なので、彼に付き合ってほしいともう一度告白しました。でも、彼の答えは『結婚願望がないから、付き合っていても意味がない』と言われてしまって。私はまだ20代前半だったけど、いずれは結婚したいし、彼と長く付き合うなら延長線に結婚もあるかもと少しは思っていました。そんな言葉を言われたら、それでも付き合ってほしいとは言えませんでした」

彼とは2年間も音信不通も、その後普通に連絡があり……

1 2