恋愛&結婚 【セカンド女子】彼女なのに蚊帳の外!? 間借りオフィスで女性経営者と部下と三角関係、彼が最後に選んだ女性は……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の美容サロンで契約社員として働く松本絵美さん(仮名・34歳)。肩につかないくらいの長さの髪はルーズに1つにまとめられ、きめ細かい白く陶器のような肌に目がいきます。服装はグレーのスタンドネックのセーターにベージュのワイドパンツを合わせています。目も茶色く、唇の血色もあまりないなど全体的に薄目な印象で、スレンダーなところからもどこかはかなげな印象を受けます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、3歳と2歳上に兄のいる5人家族です。家族仲は外から見たら仲良く見えていたと思いますが、実はギスギスしていました。父親がとにかく躾に厳しくて、絵に描いたような男尊女卑を子供たちに強いるんです。兄2人にはできる限りいい大学を、私には高校を卒業したら働けと言うような……。私には箸の持ち方や食べ方など、兄たちにはお互いをライバル視するように、叱る時に『兄はこんなことしなかった』、『弟はお前より優秀』なんて叱っていて……。植えつけられた負けず嫌いが影響して、兄同士は大人になった今もあまり仲が良くなくて、どこか他人行儀のままなんです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「働き出してからです。私は高校卒業後に眼科医で受付や、簡単な検査補助の仕事を始めました。高校までは門限があったし、気になった子はいても何もできなくて。

最初に付き合ったのは職場の人の紹介で出会った人で、実はそのままその人と結婚したんです。彼は7歳年上で、結婚は23歳のとき。彼は大手勤務の人だったので父も大賛成でした。でも、詳しくは話せないんですが、彼の実家の宗教的な問題があり、私の家ともめてしまって……。結婚生活は2年もちませんでした」

その後は再び実家に戻り、仕事を探し始めましたが、父親の態度の豹変に愕然としたと言います。

「『好きなことをやりなさい』って言われたんです。言葉そのままに聞くと離婚した娘に気を使っているように感じますが、私はまったく素直に受け取れなくて……。一回バツがついた娘にはもう価値がないって言われている気分でした。そこから、実家にいることがだんだんしんどくなってきたんです。なので、心機一転の気持ちも含めて、東京で就職先を見つけて、一人暮らしを始めました」

バツイチで仲間に恵まれ、バツイチきっかけで彼氏もできた

1 2