【脱貧困!】お得に感じるクレジットカードのリボ払い、使い続けるとどうなるの?

【脱貧困!】お得に感じるクレジットカードのリボ払い、使い続けるとどうなるの?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、広告会社勤務の泉山玲子さん(仮名 35歳)からの質問です。

「35歳 独身 会社員です。すべての支払いをクレジットカードで行なっています。毎月、カード会社からリボ払い勧誘のはがきが届きます。使ったことはないのですが、月々数万円の定額返済は魅力です。この定額返済なら、一生欲しいものを我慢せずに生きていける気がするのですが、リボ払いのまま死ぬとどうなるんですか?

名前の知れた会社から、毎月毎月、勧誘はがきがくるのですから、悪いものを勧められているなんて考えられませんよね。それに、はがきに書かれている月々の支払がコンパクトになります! という言葉は、お得のような気にさせられます。リボ払いなら、一生欲しいものを我慢せずに生きていける!? なんてズルい思いがよぎる気持ちもあるようなないような……。さっそく森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

脱貧困したいなら、リボ払いは今すぐ解約!

リボ払いは借金です。それもたちの悪い借金です。

リボ払いとは、リボルビング払いの通称。これは、クレジットカードの支払いを、毎月、決められた金額ずつ返済していくという方法です。

返済額が一定なので、毎月いくら自分が支払わなければいけないか、というのは当然わかります。ですから、毎月の家計の支出として把握しやすいというメリットはあります。

ただしリボ払いは、残高全体に金利と利息手数料がかかるしくみになっています。つまり、使えば使うほど、金利だけでなくリボ払いの手数料も増えていくのです。リボ払いというのは、クレジットカードの支払い方法として、非常にコストが高いのもの。リボ払いを利用している読者の方がいたら、いますぐにやめることを強くおすすめします。

 

リボ払いで得をするのはカード会社と加盟店

そもそも、こちらが頼んでもいないのに、キャッシャーで「リボ払いにしますか?」と聞かれたり、リボ払いにすればポイントがたくさんもらえます!といったような特典をつけたりするのはなぜか。それを考えてみましょう。当然ですが、クレジットカード会社とそのカードを使える加盟店の収益となるからです。つまり、リボ払いでお得になるのは、クレジットカード会社と加盟店。利用者ではないのです。

クレジットカード会社の収益は大きく「加盟店の手数料収入」と「カード利用者の金利・手数料収入」のふたつから成り立っています。そして、利用者からの金利と手数料が一番大きくなるシステムが、リボ払いなのです。そうして潤ったクレジットカード会社は、リボ払いを促進した加盟店に多くの手数料を払います。リボ払いをすることは、ただただ、買い物をした加盟店の収益となり、クレジットカード会社の収益となっているだけです。

返済が長期化しやすいリボ払い

気付いていない人も多いのですが、リボ払いは、他の返済方法よりも金利負担が割高に設定されています。これをまず理解してください。そして金利が高いことにより、残高がなかなか減らず、返済が長期化しやすいという傾向があります。言ってみれば、払っても払っても返し終わらない感覚です。

さらに、一応毎月返済をしているため、自分が借金をしているという意識が小さくなってしまいます。結果として、金銭感覚がマヒしまい、気が付けば借金地獄……なんてこともあり、非常に危険なのです。

1 2
結婚 派遣女子 恋愛 派遣 婚活 アラフォー ダイエット 美人探偵 iPhone 仕事 浮気事件簿 占い レシピ アラサー 恋愛講座 貧困女子 時短 アプリ 金運 CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!