【脱貧困!】貯金ができない独身アラサーOLに貯蓄型保険は味方になりますか?

【脱貧困!】貯金ができない独身アラサーOLに貯蓄型保険は味方になりますか?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、西山敬子さん(仮名・不動産会社勤務・32歳)からの質問です。

「会社に保険の外交の方がよくきます。うっかり話を聞いたら、1か月の支払いがすごく高くてびっくり。でも、満期まで使わなければ、お金が戻ってくるっていうし、貯金用ならいいのかなという気になりました。万が一病気になったら使えるし、使わなかったら戻ってくる。超お得だと思ったのですが、どうでしょうか」

さっそく森井じゅんさんに伺ってみましょう。

☆☆☆

 

現在では、終身タイプの掛け捨て型医療保険が主流

相談者さんが加入を検討している貯蓄型の医療保険。提供している保険会社はたくさんありますし、その保険商品は数えきれないほどあります。

基本的に保険は先週説明した掛け捨て型と、貯蓄型の2つに分かれます。
掛け捨て型とは、病気で入院や手術をしなかった場合にも支払った保険料は戻ってこないもの。
そして、貯蓄型とは、満期時や解約時に返ってくるお金があるものです。払ったものが何も返ってこないのは損、返ってくるお金があるのはお得だと思われがちですが、実際にはどうなのでしょう。

現在では、一生涯保障される終身タイプの掛け捨て型医療保険が主流となっています。時代と共に保険の主流も変わります。以前は満期のある医療保険が多く、満期金等としての支払いがあるものが多かったのです。
しかし、そういった保険には注意が必要です。例えば65歳満期の保険は、65歳で無保険になるか、保険の更新を行なうか、新たな医療保険に加入する必要が出てきます。
年齢を重ねることで病気のリスクも高まるため、そこから保険が重要、という時点で無保険にはなりたくない。年齢や既往歴などにより、更新や新しい保険の加入ではそれ以降の保険料が高くなってしまうなど、長生きするリスクに対応できていないものが多かったのです。

「保険料全額戻り、入院保障は一生涯」保険のデメリット

もちろん、満期がなく、一生涯保障が続き、60歳や70歳で保険料が戻ってくる、という貯蓄型保険もあります。「支払った保険料は全額戻り、入院保障は一生涯続く」という素晴らしいキャッチフレーズの某商品を見てみましょう。

条件:
契約者 30歳 女性
入院給付金 10,000円/1日
入院給付金支払限度 60日
保険料払込期間 60歳まで
保険期間 終身
月払保険料 19,170円

30年で払い込む保険料 19,170円×12か月×30年=約690万円

この保険は、病気等をせず保険料を受けなかった場合には、5年ごとに健康祝い金10万円が支払われます。そして、60歳までに払い込んだ690万円から、それまでに支払われた入院給付金と健康祝い金を差し引いた額を60歳で受け取ることができます。また、死亡保障は100万円です。

たしかに、払い込んだ保険料のうち、使われなかった、もしくは受け取れなかった保険料が戻ってくるうえ、保険料の負担なしに保障が一生涯続くというのは魅力的ですね。

ただし、この保険にもデメリットがあります。まず、死亡保障100万円についてです。入院がほとんどなく、亡くなってしまった場合には、大きな元本割れです。家族に残すことなどを考えると別途死亡保障を考えなくてはなりません。

また、貯蓄と考えた場合には、健康祝い金は単なる貯蓄の取り崩しですので、実際のところ、それほどありがたがるものでもありません。

さらに、多くの医療保険でつける事のできる「保険料払込免除特約」がつけられない。「保険料払込免除特約」とは、条件は保険会社によりことなりますが、「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」など一定の疾病状態になった場合に保険料の払い込みが免除されるというものです。

そういった特約をつけることができないということは、払い込んだ保険料を受け取るため、月払いの保険料を払い続ける必要があるという事です。

そして、何より保険料の高さです。

貯蓄型医療保険加入には「払いきる」覚悟が必要!?

1 2
結婚 金運 婚活 派遣 浮気事件簿 恋愛講座 アラサー ダイエット 美人探偵 占い レシピ iPhone 時短 アラフォー 恋愛 貧困女子 CITRUS アプリ 仕事 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!