【脱貧困!】「激安旅行はコワイけど…」働くアラサーの夏休み。一番お得に旅する方法は?

【脱貧困!】「激安旅行はコワイけど…」働くアラサーの夏休み。一番お得に旅する方法は?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、坂本裕子さん(仮名・IT関連会社勤務・30歳)からの質問です。

「夏の旅行について、いちばんお得に旅する方法を教えてください。海外旅行代理店のてるみくらぶが倒産したこともあり、激安系ツアーには手が出しにくいです」

せっかくお金を払ったのに旅行ができないというような事態を目の当たりにすると、値段だけでお得は判断できないと心底思ってしまいます。でも、やっぱりお得に旅したいというのが本音。森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

夏の航空券、お得の王道は「早割」

相談者さんは、てるみくらぶの問題が気にかかっているようですね。実際、てるみくらぶには危険な兆候がありました。旅行の日程よりも随分前から「今月中に振り込んだら」というキャンペーンをやっていたり、現金一括入金限定のキャンペーンなど、資金繰りが相当苦しいと思われるような販売をしていたり。突出して安い料金で募集している旅行パッケージには、なにかウラがあると疑ったほうが賢明です。

飛行機を使う旅行の場合には、パッケージツアーに頼らず自身で航空券を手配するのはどうでしょうか。

できるだけ費用を抑えて旅行に行くことを考えると、王道は早割でしょう。
早割は、予約する時期が早ければ早いほど割引率が高くなり、航空会社により「旅割」や「先得」などとも呼ばれています。

早割の航空券は、基本的に最大で75日前から予約する事が可能で、最大で普通運賃の7割以上割引です。

正規の航空券と比べて安くなる分、キャンセルや日程、座席の変更ができないなどの制約や、マイルの還元率などのデメリットもありますが、割引率の高さは目を見張るものがあります。

しかし、仕事の都合などで3か月も前から旅行の計画ができない、という人も少なくないのではないでしょうか。早割は、割引率が大きく変わるタイミングがあります。早割の運賃は、21日前、28日前で大きく変わります。航空券の早割を利用するときは、1か月前を目安に予約するのがおすすめです。

株主でなくても買える!使える!株主優待航空券

ギリギリまで休める日程がわからない!という方には、株主優待航空券がおすすめです。
株主優待航空券は各航空会社の株を一定数所有している株主が、権利確定日に与えられるもの。ですが、金券ショップやネットなど様々な方法で購入することができます。もちろん株主でなくても利用できます。
当日の航空券の予約にも株主優待券は利用でき、正規運賃の50%割引で予約できます。さらに、株主優待券ならキャンセルや変更も無料で行なう事が可能です。融通がきくという点では、優待券の方が早割よりも、使い勝手がいいと言えるでしょう。

基本は早割の方が安く航空券が購入できるけれど、ギリギリのタイミングで購入する場合や、予定が変わる可能性がある、そんな時には株主優待券の方を利用するといいでしょう。

意外!?夏のLCCは安くない

1 2
結婚 アラサー 派遣 婚活 仕事 占い iPhone CITRUS 金運 恋愛講座 浮気事件簿 恋愛 レシピ 時短 アプリ 美人探偵 ダイエット 派遣女子 貧困女子 アラフォー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!