【脱貧困!】35歳で妊娠。「最後のチャンスかもしれないから産みたい」けれど出産までにいくらかかる?

【脱貧困!】35歳で妊娠。「最後のチャンスかもしれないから産みたい」けれど出産までにいくらかかる?

「出産・入院費用で100万円貯金」で大丈夫?

出産費用は一時金の範囲内で収まることもありますし、個室や追加サービスがあれば100万円を超える出産も可能と、医療機関やサービスによって大きく変わってきます。

さまざまなケースで、いくらかかるかということをしっかり確認してください。

しかし、妊娠してから出産するまでには、上でお話した妊婦健診や出産費用の他にも出産準備にお金がかかります。

出産準備は、マタニティーグッズやベビー用品など様々です。マタニティー・ベビー用品の専門店などに行くと売り場の大きさ、商品のバラエティーに驚かされます。

もちろん、すべての商品を買う必要はありません。実際にご自身に必要なものがわかるのは、ご自身だけ。とくにベビーカーやベビーバスなど、「買って使わなかった」というケースも少なくありません。

赤ちゃん用の下着や紙おむつ、おしりふきといった最低限を用意し、必要になった時点で買い足していけばいい、という心の余裕も必要です。

まとめると、妊婦健診では助成を超えた実費負担額、出産費用は出産一時金を超えた実費負担、出産準備費用は自分次第です。この合計が出産までに必要な実費で、数万円におさまることもあります。

お話してきたように、妊婦健診も出産費用も医療機関によって大きく異なり、お金をかけようと思えばいくらでもかけることができます。しかし、自分で必要なものをしっかり取捨選択し、随時必要な手続きをしっかりしていけば、100万円で子供が産めないということはないでしょう。

いずれにしても、出産は終わりではなくはじまりです。お金がかかるのは子どもが生まれてから。妊婦健診にしても出産一時金にしても、遅れるとうまく利用できなかったり、一時的に立替が必要だったりします。分からないことは、早め早めに役所や医療機関でしっかりと確認しましょう。 

35歳を超えると、高齢出産と言われる。子供をもてるチャンスを逃したくない、けど、でも……と迷いがち。その中でも最大のネックとなるのがマネー。

賢人のまとめ

自分で必要なものをしっかり取捨選択し、随時必要な手続きをしっかりしていけば、100万円で子供が産めないということはないでしょう。しかし、出産は終わりではなくはじまりです。お金がかかるのは、むしろ生まれてからです。分からないことは、早め早めに役所や医療機関でしっかりと確認しましょう。

1 2 3
婚活 美人探偵 アプリ アラサー 仕事運 恋愛運 セカンド 貧困女子 恋愛 浮気 浮気事件簿 恋愛講座 占い 結婚 運勢 その1 アラフォー キャリア 金運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。