【脱貧困!】会社員からフリーランスへ転身。今年も確定申告が必要ですか? 確定申告初心者講座

【脱貧困!】会社員からフリーランスへ転身。今年も確定申告が必要ですか? 確定申告初心者講座

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、坂村あかねさん(仮名・フリーランス・32歳)からの質問です。

「今年の夏、制作会社の正社員からフリーランスのライターに転身しました。取引先が複数あり、経費を引くと収入は50万円くらいじゃないかと思います。確定申告をしないとダメですか?

また、源泉徴収税を引いた額を振り込んでくる会社と、そうでない会社があります。確定申告すると、すでに源泉徴収税を引かれたものに、さらに税金を払わなければいけないことになる気がして……。計算がちょっとめんどうくさそうだし、確定申告をやらないで済むならやりたくないのですが……」

「自分らしく働く」ため、会社員からフリーランスになる人も増えています。フリーランスになると、今まで会社がしてくれていた税金の計算なども、自分でしなければいけなくなります。早速、森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

事務処理も自分でちゃんとする。それがフリーランスになるということ。

相談者さんは会社員からフリーランスのライターに転身されたとのこと。新しい人生のスタートですね。おめでとうございます。

フリーランスという業種は、一般企業に勤める会社員の方にはなじみ少ないと思います。また、ご本人も始めたばかりということで、理解できていない部分もあるかもしれません。まず、マネーの立場から「フリーランスとは何か」を整理しておきましょう。

会社員とフリーランスとでは所得区分が違う

会社員は、会社との雇用契約のもと仕事をします。一方でフリーランスは雇用契約ではありません。一般的には業務委託契約が結ばれ、発注された業務ごとに仕事を行ない、その業務に対する報酬を受け取ります。

つまり、フリーランスになるということは会社に雇用されるのではなく、自分で仕事を始める、ということです。

また、受け取る報酬は給与所得ではありません。

本業でフリーランスとしての仕事をしているのであれば、その報酬は基本的には「事業所得」にあたります。

会社員からフリーランスへ。確定申告は絶対必要?

会社員からフリーランスになったことで大きく異なるのは、確定申告が必要になることです。

年末調整の回でもお話しましたが、年末調整とは確定申告の簡便バージョンです。

会社員時代は会社が年末調整をしてくれて、多く払い過ぎた税金は12月のお給料で調整してくれます。多くの会社員の方は、年末調整で税金計算は完結します。「副収入がある」「医療費控除などの還付を受けたい」などの事情がない限り、確定申告について考える必要はありません。

一方、フリーランスで仕事をして受け取った報酬は、給与所得ではありません。

そのため、フリーランスの報酬は年末調整をしてもらうことはできず、自分自身で税金計算をして申告する必要があります。フリーランスだけの収入であれば、基本的に収入から経費を引いた金額が38万円を超える場合には、必ず確定申告をしなくてはなりません。

相談者さんのケースでは、夏までは給与所得があり、その後フリーランスの所得が50万円程度あるとのことですので、確定申告を行なう必要があります。

1 2 3
恋愛講座 貧困女子 浮気事件簿 レシピ 金運 占い アラフォー ダイエット 恋愛 時短 仕事 iPhone 派遣 CITRUS アラサー 婚活 派遣女子 美人探偵 結婚 アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!