【脱貧困!】定期預金型で積み立て中のiDeCoを、元本変動型に移行させると損をしますか?

【脱貧困!】定期預金型で積み立て中のiDeCoを、元本変動型に移行させると損をしますか?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、木本じゅん子さん(仮名・34歳・フリーランス:編集)からの質問です。

「34歳、フリーランスのライターです。去年からiDeCoを始めました。今は、定期預金型の手数料が一番安かった銀行で、毎月6万8000円を積み立てていますが、景気もよくなってきそうだし、定期預金ではもったいないかもと思い、元本変動型の手数料が安い別の金融機関に変更しようと調べていました。でもその矢先、日経平均が大きく下がるニュースがあり、元本変動型にするのが怖くなりました。

iDeCoのほかには、貯金はあまりありません。

そこで質問です。この程度の貯金しかない場合、iDeCoを元本変動型にせず、コツコツ働いたお金を貯めているだけのほうがよいでしょうか。

働いて稼ぐにも限界があるし、病気になったりして働けなくなる場合もあるので、少しずつでも増やしたいと思っているのですが……。定期預金型にしておくか、元本変動型に変えて資産を増やす可能性に賭けるか、何を目安にして考えればいいでしょうか」

将来のために今あるお金を少しでも増やしたい、でも減ってしまうのは絶対にイヤ、と考えるのは人情です。少しでもリスクは抑えたいものですが、どうしたらいいでしょう。森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

元本保証型のiDeCoでも「絶対にマイナスにならない」とは言えない

「元本保証型で、節税メリットを享受しながら年金資産を準備することができる」とも言われ注目を集めているiDeCoですが、デメリットやリスクもあります。

たとえば手数料。加入時だけでなく、運用期間中・受給時、それぞれにさまざまな手数料がかかります。中でも運用期間中の手数料は、国民年金基金連合会、運営管理機関や事務委託先金融機関といった3機関に対する事務費用として、積み立てる資産から差し引かれます。

相談者さんは定期預金型のものを選択しているとのこと。

確かに、定期預金については、銀行が破綻した場合はペイオフの対象となります。つまり、元本1000万円とその利息までは預金保護機構によって保護されます。

しかし、たとえこうした元本保証型の商品でも、手数料などを勘案すれば絶対にマイナスにならないとは言えないのです。

そして相談者さんは、現在ご利用の金融機関の手数料が高いとお考えのようですが、手数料は金融機関によって異なります。最大ひと月400円から500円の違いになります。つまり、30年といった長期になれば15万円以上の違いになります。この運用分も差になってくるので、この影響は決して小さくありません。手数料を考えた、十分な検討をしていただきたいと思います。

1 2 3
運勢 婚活 金運 美人探偵 結婚 時短 占い 貧困女子 派遣 恋愛講座 浮気事件簿 派遣女子 アラサー アラフォー アプリ 恋愛 iPhone 恋愛運 不倫 占星学
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!