30歳でマンションを購入したアラフォーが繰り上げ返済を賢く利用するコツは?

30歳でマンションを購入したアラフォーが繰り上げ返済を賢く利用するコツは?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。今回の相談は、岬ゆう子さん(仮名・37歳  メーカー勤務)からの質問です。

「ある程度資産に余裕があるので、30歳で購入したマンションのローンの繰り上げ返済を考えています。繰り上げ返済には種類があるときいたのですが、どういうことですか?また、繰り上げ返済ができる金額に決まりはありますか?教えてください」

前回に引き続き、今回も繰り上げ返済についての質問です。ひとり暮らしの女性で家を購入する人も増えてきました。バリバリ働けるうちにローンの返済を終えたいと考える人も多いようです。繰り上げ返済を賢く利用するコツを森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

繰り上げ返済には様々な方法がある

先週も繰り上げ返済についてお話しましたが、今回はもう少し細かい部分をお話していきます。

先週お話した通り、繰り上げ返済はローンの元金返済分を前倒しで支払うことで利息負担を減らし、総返済額を圧縮することができるというものです。そして、ひと言で繰り上げ返済といっても、様々な方法があります。まず、返済する規模で、2つにわけることができます。

ひとつ目は、全額繰り上げ返済です。

これは、住宅ローンの返済中に残高の全額を返済してしまうことです。状況や残りの返済額にもよりますが、これはかなりハードルが高いかもしれません。

もうひとつは、一部繰り上げ返済です。これは毎月の決まっている返済額のほかに、元金の一部を前倒しで返済することです。この一部繰り上げ返済は、繰り上げ返済の効果をどのように享受するかという点から、さらに「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類に分けることができます。

期間短縮型は毎月の返済額はこれまでと変えずに、今後返済する期間を短縮する方法です。

一方、返済額軽減型は今後の返済期間を変えずに、毎月の返済額を減らします。

両者ともに利息負担を減らし、総返済額を減少させる効果がありますが、期間短縮型の方が利息がかかる期間が短くなるため、より効果が大きいです。

また、借入時に退職後までの長期間にわたる返済予定を組んでしまい、後からやっぱり退職前に返済を終わらせたいと考えた場合にも期間短縮をおすすめしたいです。単純にどうしてもはやくローンから解放されたい!という方も期間短縮型でしょう。

結婚、出産を考えている人に向いている繰り上げ返済は…

一方で子育てなどを含め、人生にはお金のかかる期間があります。「今は一定の繰り上げ返済に充てる資金はあるけれど、これからお金がかかってくる」、もしくは「今後の収入減が予想される」というようなときには、毎月の返済額を減らす返済額軽減型を検討してみていただきたいです。

1 2 3
アプリ 派遣女子 結婚 アラフォー 美人探偵 派遣 ダイエット 恋愛 金運 貧困女子 占い 時短 婚活 運勢 浮気事件簿 恋愛講座 iPhone アラサー 不倫 CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!