出産・育児で仕事を休んでいる間は旦那さんを小遣い制にしたいけど…「夫の小遣い制」のデメリット3つと「夫婦のお金」に大切なこと

出産・育児で仕事を休んでいる間は旦那さんを小遣い制にしたいけど…「夫の小遣い制」のデメリット3つと「夫婦のお金」に大切なこと

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。先週に引き続き、田町りょう子さん(仮名・32歳 ・IT関連会社勤務)からの相談をもとに、「夫の小遣い制」について森井じゅんさんにお伺いします。

田町さんの質問:「結婚します。子供ができるまでは共働きする予定です。そのあとのことはまだ考えていませんが、私が働けなくなる場合もあると思っています。共働きの間は、お互いに生活費をひとつの通帳に同額入れて、家計をやりくりしていこうと思っています。残った分は、お互いのお小遣いというわけです。でも、旦那さんの給与だけで家計を賄うことになった場合のことが心配です。旦那さんのお小遣いは、いくらにすればいいんでしょうか」

日本の家庭に多い夫の小遣い制。これまで、夫の小遣い額の相場とメリットについて紹介してきました。今回は夫を小遣い制にするデメリットと、「夫婦のお金」を管理するときのポイントを教えていただきます。前回はコチラ

☆☆☆

夫の小遣い制のデメリット3つ

1.夫と妻が対立してしまう。

夫が働いて妻がお金を管理し、妻が夫にお小遣いを渡す形の場合、妻が管理する側となり夫が管理される側といった形での対立が起きがちです。そして、夫は家計への意識が薄くなり、単純にもっとお金を自由に使いたいと思ってしまう。一方、妻は夫のお金を守り、それを阻む側、といった軸での生産性のないバトルに終始してしまう事も。

2.お金が貯まらない

これしかない、足りないという渇望感やストレスから、逆に浪費をしてしまう人もいます。そもそも、相手(この場合は夫となりますね)のお金の使い方を信用していないから、お小遣い制にしているという家庭が少なくありません。こうした中、もうお金があと少ししかない・使ってはいけない、という締め付けがマイナス効果になってしまうことがあるのです。実際、お小遣い制をやめたら夫の浪費癖がなくなったという方もいるくらいです。

3.将来の可能性を狭めてしまう

お金の使い方は生き方です。人とのつながりが将来に生きてきたり、今ワクワクすることにお金を使うことで道が拓けたりもします。今、他の人から見たら無駄に見えるお金の使い方も、本人の人生にとっては重要だったり、将来の出世につながることもあります。何より、自分自身に裁量がある、という状態が自信につながることもあるのです。

一方、「お小遣いの範囲内でやりくりしなければ」という制約があると、目の前の金額にしか目がいかなくなりがちです。その結果、目先の損得ばかり考えてしまい、身動きがしにくくなることがあります。これは、人生の可能性を狭めてしまいかねません。

1 2
時短 アラフォー 不倫 恋愛講座 貧困女子 占い 派遣女子 結婚 浮気事件簿 運勢 アプリ 婚活 恋愛 美人探偵 派遣 セカンド 金運 iPhone アラサー 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!