3月の心のケア・「死にたい思い」にかられる前にできること

3月の心のケア・「死にたい思い」にかられる前にできること

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。前回、3月は自殺者が一番多い月ということから、周りに希死念慮を抱く人がいる場合の気づき方、対応の仕方を伝えさせていただきました。今回は、もし自分が希死念慮にかられてしまったら……という場合の対応についてお話させていただきます。

「逃げるが勝ち」という考えを持つ

希死念慮にかられる人は、何か1つの大きな事柄というより、さまざまなことが重なってしまい、もう自分の力ではどうすることもできないという状態から”楽になりたい”と死を選択してしまいます。

厚生労働省の「職場における自殺の予防と対応」(平成13年12月)には、「自殺予防の十箇条」というものが定められています。内容は下記です。

1.うつ病の症状に気をつけよう(気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断できない、不眠が続く)
2.原因不明の身体の不調が長引く
3.酒量が増す
4.安全や健康が保てない
5.仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
6.職場や家庭でサポートが得られない
7.本人にとって価値あるもの(職、地位、家族、財産)を失う
8.重症の身体の病気にかかる
9.自殺を口にする
10.自殺未遂におよぶ

これは希死念慮に至る前に、ご自身に気をつけてもらいたいポイントが記載されています。これが1つ当てはまる場合や、複数該当する方などそれは人それぞれです。

上記の事柄が該当するということは、日常の生活リズムが乱れてしまっていることがわかると思います。ここで、その生活リズムが乱れたのは、何が最も原因だったのかを一度考える時間を持ってみてください。

そして、それから逃げることを考えてください。日本は、みんな同じ、違うことをするのはおかしいという教育を続けています。その世間という輪を外れることはダメだと刷り込まれているのです。その世間という考えを捨ててください。「逃げるが勝ち」という考えを持つのです。死ぬことを選択してしまうほど追いつめる事柄に執着する必要はありません。

これは本来動物に備わっている「闘争・逃走反応」といわれているものに基づいています。動物の恐怖への反応で、差し迫った危機的状況において、戦うか逃げるか正しい選択をして、生き延びてきたこれたことで備わった反応と考えられています。

ありきたりな言葉かもしれませんが、生きていく中で「命」以上に大切なものなどないのですから。

1 2
浮気 美人探偵 浮気事件簿 仕事運 結婚 アプリ 運勢 アラサー セカンド 占い アラフォー 婚活 不倫 金運 その1 恋愛 貧困女子 恋愛運 キャリア 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。