お酒の量が増えてきたかも……そう思った時が「アルコール依存」になるかどうかの分かれ道

お酒の量が増えてきたかも……そう思った時が「アルコール依存」になるかどうかの分かれ道

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。リモートワークや外出自粛の影響で自宅で過ごす時間が増え、オンライン飲み会など、自宅でお酒を楽しむ方が増えてきています。そこで気をつけてほしいのが、飲酒量です。飲酒量の増加は、「増えた」と思った時が実はアルコール依存になるかどうかの分かれ目だったりします。今回は飲酒量の増加してしまう原因、さらにはアルコール依存症の怖さについてお話させていただきます。

「お酒が好きじゃないから、お酒が強いから、アルコール依存にはならない」は大きな勘違い

電車などの時間を気にしなくていいから、時間が増えたから、楽しいお酒の時間とともに飲酒量が増えてしまっているという方が多いと思います。しかし、お酒を飲む理由は、果たして“楽しいから”というものだけでしょうか。

純粋にお酒が好きだからという理由ではなく、悪いことを考えこまないように、不安要素を忘れたいために飲んではいませんか。コロナの影響でこの自粛ムードはまさに閉塞状態。誰でも先行きの見えない漠然とした不安を抱えてしまっている状態になります。そこでアルコールは気持ちを紛らわせてくれる最適なもの。アルコールは人によって程度は違いますが、判断能力が鈍くなる症状があります。これによって、深く考えることを遠ざけてくれるのです。

お酒に走るのは、心が弱い人とは限りません。また、アルコールに強い人は依存症にならないというわけでもなりません。気づかないうちに習慣化され、飲んで楽しかったという記憶から、なぜやめられないのかという後悔に進んでいく病気なのです。

抜け出せないのが「依存」

「アルコール依存」は、飲みたくて飲んでいるんじゃない、と思った時には始まってしまっています。

進行は下記のような段階を踏みます。

依存前:機会あるごとに飲み、酒量が増加する(機会飲酒)→毎日飲むようになり、お酒に強くなっていると感じて、量が増えていく(習慣飲酒)

初期:お酒が切れると、イライラしたり、落ち着かなくなる。さらに、下痢や不眠などの軽い症状が出始める。飲んでいる間の記憶が飛ぶなどの症状も表れる

中期:判断ミスなどが増えて、周りとトラブルを起こすことが増える。禁断症状として、ふるえや恐怖感を覚えるようになる。迎え酒などもするようになる

後期:食事をとらなくなり、すべての時間をお酒にあてるようになる。お酒への禁断症状(ふるえやうつ状態)が怖くて、お酒を切らすことができなくなる。場合によっては、肝臓などに機能障害が起こる

アルコール依存は一人では止められない病気です。抜け出せないのが『依存』なのです。途中段階の人でもアルコール依存を軽減するために、アルコール度数を9%から3%と弱くしても同じです。アルコール依存を発症してしまった後では、進行を止めるためには絶たないと意味がないのです。

1 2
セカンド アラサー アラフォー 運勢 恋愛 その1 アプリ キャリア 金運 婚活 貧困女子 浮気 恋愛運 マッチングアプリ 恋愛講座 占い 美人探偵 結婚 不倫 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。