【法律相談】結婚直前で婚約者が別の女性を妊娠させてしまい、高額な慰謝料を請求された……解決策を教えて!

婚約者が別の女性を妊娠させてしまった……高額な賠償請求にどう対応すればいい?大島晃子さん(仮名・33歳・派遣社員)

そもそも彼とその浮気相手の女性は、両者合意の上で交際し、性交渉をしています。それゆえに理屈からすれば、彼が一方的に経済負担を負うものではありません。

しかし、体を痛めるのは女性の方であり、男性側がそれに伴う経済的な負担を拒否すると、女性との紛争を引きずることになるかもしれません。

解決の観点から考えると、そのような理屈とは別に、経済的負担を盛り込んで示談をする方向で考えるのがよいこともあります。

あるいは、彼があなたという婚約者がいることを隠して女性と親しくなったことも考えられます。そして、女性は彼に婚約者がいることを知る由もない状況であったとします。そうだとすると、彼の浮気相手の女性は交際自体問題はないと考えていたでしょう。   

たとえ妊娠は予想外だったとしても、婚約者がいたという事実を秘して交際し,婚約者がいたことがわかって中絶をすることにしたという場合ならば、彼の責任は大きいです。 そうなると理屈の上でも、解決のための損害賠償義務は免れないと考えられます。

相場かどうかはわかりかねるので、実額として請求を受けているならきちんと確認してみたらいかがでしょうか。また上記にあるように、状況により負担すべき金額について差は発生すると思います。

妊娠いた浮気相手の女性は35歳だという。晃子さんが彼と家族計画について話し合っていた矢先に今回の事件は起こったが、これも乗り越えて夫婦になろうと思っている。

賢人のまとめ

体を痛めるのが女性であるという観点からも、補償の内容については、慎重に考えたほうがいいと考えます。

1 2

賢人プロフィール

法律の賢人柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

恋愛 浮気 恋愛講座 浮気事件簿 アプリ 不倫 美人探偵 iPhone 運勢 派遣 結婚 金運 婚活 セカンド アラサー 貧困女子 恋愛運 時短 占い アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。