【法律相談】支配母のトラウマが激しく、恋も仕事も無理……母に損害賠償を請求したい

【法律相談】支配母のトラウマが激しく、恋も仕事も無理……母に損害賠償を請求したい長江愛奈さん(仮名・38歳・アルバイト)。

Aまず、「希望がない」と感じる現状と、親からの影響の因果関係を分析してはいかがでしょうか

堅実女子のお悩みに弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える本連載。今回の相談者は長江愛奈さん(仮名・38歳・アルバイト)です。

「母は典型的な昭和の専業主婦で、幼いころから私を支配していました。礼儀正しく、大人の言うことを聞く”いい子”であることを求め、母の考え方を先読みし、その通りに動かないと叩かれたり食事を抜かれたりしていました。

今でも覚えているのは、幼稚園の年長のときに行った親戚の家でのことです。母は『虫歯になるし、白砂糖はバカになる』と言って、一切甘いものを食べさせてくれず、家で使っていた料理用の黒砂糖も隠されていました。甘いものに飢えていた私は、親戚の家で出されたカステラに、我慢できずかぶりついてしまったのです。

その時に、その場で母に家から引きずり出され、道端で母に手をのどに突っ込まれて吐かせられました。歯磨きさせられて、叩かれました。

その後も似たようなことがあって、ピアノ、バレエ、剣道などまったく興味がない習い事を強要され、結果を出さないと叩かれるだけでなく、『なんで一番になれないの?』と泣かれました。

私は一人娘で、父は仕事が忙しくほとんど家にいなかったので、母の愛情が集中ししていたと思います。中学受験もさせられて、名門中学校に合格できなかったことで、母は『死んでやる』と自殺未遂をしてみたり、うつ病になったり……数え上げたらきりがないのですが、ホントにいろんなことがありました。

私が大学に落ちたときに、母は憑き物が落ちたようにボランティア活動に凝りだして、私のことは放り出すようになりました。それから私はうつ、パニック障害、摂食障害、恋愛依存などに悩んでいます。

今も実家に住んでいるのですが、人ともうまく付き合うことができず、恋愛も仕事もできません。今はなんとか、人と話さなくて済む職場でアルバイトしていますが、ホントに毎日がつらい。

夜、眠る前になるとこんな人生になってしまったのは、母のせいだ!と怒りのあまり眠れず、バイトの遅刻も増えています。

母は私から幸せな人生を奪いました。無関心だった父親も同罪です。人生に全く希望がありません。損害賠償を請求することはできるのでしょうか。アラフォーの引きこもりが問題になっていますが、私もそうなりそうです。両親に復讐してやりたいです」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
運勢 キャリア 貧困女子 その1 婚活 セカンド 恋愛 不倫 浮気 時短 恋愛講座 金運 アプリ 美人探偵 結婚 アラサー 浮気事件簿 アラフォー 恋愛運 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。