【法律相談】SNSに「生レバーホームパーティー」の様子を上げたら非難殺到!法律的にNG?

生レバーは自宅で食べてもダメなの?高橋郁美さん(仮名・30歳・契約社員)

A個人で楽しむことは法律的には規定されていませんが、健康被害と隣り合わせだと認識した方がよいです

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みにこたえる本連載。今回の相談者は、高橋郁美さん(仮名・30歳・契約社員)です 。

「先日、友達とホームパーティーを共同開催しました。パーティーのタイトルは『禁断の食』みたいなものにして、虫や見た目が気持ち悪い魚や、臭いがスゴイ発酵食品などをそろえて8人くらいで楽しんだのです。

ハイライトは、私が信頼できるお肉屋さんから購入してきた牛の生レバーです。お肉屋さんは『昔なら、レバ刺しにして食べていたくらいのいいレバーだよ。でも絶対に生では食べないでね』と念を押されたのですが、私たちはこれを刺身にして食べました。

飲食店で提供するのは、法律で禁止されていますが、個人で楽しむぶんには平気だと判断したのです。
あまりにもおいしく、その様子をSNSに友人限定でアップしました。すると『法律違反』『ヤバいでしょ』『殺人ですから』などとコメントが入り、慌てて削除しました。

それ以来、ずっともやもやしています。私の友人にも法律で禁止されてからレバ刺を食べている人がおり、その人に調理してもらったから大丈夫だと思いました。それに、パーティーのメンバーに腹痛や食中毒が起こった人はいません。

質問なのですが、レバ刺しは自宅で食べるのも法律違反なのでしょうか。検索してもわからず……
ホームパーティーは私がメインで主催していました。もし、食べた人が食あたりなどを起こしてしまったら、私は罪を問われるのでしょうか? 

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
恋愛運 美人探偵 アラフォー 浮気 キャリア 恋愛 恋愛講座 占い 運勢 婚活 時短 浮気事件簿 セカンド アプリ その1 アラサー 金運 結婚 貧困女子 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。