【法律相談】SNSに「生レバーホームパーティー」の様子を上げたら非難殺到!法律的にNG?

生レバーは自宅で食べてもダメなの?高橋郁美さん(仮名・30歳・契約社員)

熟知している分野ではないので詳しいことは述べられませんが、牛の生レバーは重度の食中毒を起こす恐れがあるため、食品衛生法により生食用として販売提供することは、2012年より禁止されています。
厚生労働省は、消費者に向けてレバーは加熱して食べるようアナウンスしています。
自宅で、自己判断で、生食で食べることについては法律での規制はないようです。しかし、健康、ひいては命に支障が生じるかもしれないという危険性が指摘されているもの。ご自分のみならず、他者の健康支障を引き起こすかもしれないので、その趣旨をよく考えられた方が良いと思います。

厚生労働省は、牛レバーだけでなく、他の部位も完全に中まで火を通して食べることを勧告している。牛レバーを低温調理する場合、中心部の温度が63℃で30分間以上もしくは75℃で1分間以上など、目安が提示されている。

※編集部注……厚生労働省ウェブサイトによると、牛のレバー(肝臓)の内部から、腸管出血性大腸菌が検出されたことが報告されており、これは少数の菌だけでも、食中毒を引き起こすというもの。「新鮮」かどうかは、関係ないとのこと。また、店舗に向けては、レバーは「加熱用」として販売・提供しなければらないこと。そして、牛のレバーを販売・提供する場合には、レバーの中心部まで十分な加熱が必要である旨の情報を提供しなければいと注意喚起がされています。

賢人のまとめ

重大な健康被害が報告されている食材を食べるときは、本人のみならず、他の人の健康被害も考えてみてはいかがでしょうか。

1 2
アラサー 占い 運勢 アラフォー セカンド 金運 恋愛講座 結婚 不倫 恋愛 美人探偵 時短 婚活 その1 浮気事件簿 恋愛運 キャリア アプリ 貧困女子 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。