【法律相談】婚約者がSNSや男性との会話を禁止してくる…拒否して破談になったら慰謝料請求できますか?

【法律相談】婚約者がSNSや男性との会話を禁止してくる…拒否して破談になったら慰謝料請求できますか?

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の相談に応える連載です。今回の相談者は堀江聡美さん(仮名・29歳・IT関連会社勤務)。

「24歳の頃からずっと婚活をしてきて、今まで200人以上の男性と会い、お付き合いを重ねてきました。

でも、大卒の正社員で、ギャンブルとたばこをやらず、格闘技観戦をしないという、私の条件に合う人がなかなかいませんでした。

正直、私はあまりきれいでもないし、仕事もそこそこ……若さで押し切らないと一生結婚ができないと思い、すごく頑張りました。そこで、半年前にやっと正社員で働く彼(30歳・メーカー勤務)ができ、3か月前から結婚を前提におつきあいをしています。先週末に両家の両親の挨拶もすませました。

柳原桑子先生に、この彼と“結婚したい”ことを前提に相談させてください。

彼は条件こそ私に合っていますが、一般的にはそれほどカッコよくありませんし、勤務先の年収も普通です。だからなのか変に嫉妬深く、私の行動を勘ぐってきます。私は実家にいるのに、『男がいるところに飲みに行ってるんでしょ』などと言ってきます。

さらに、私の寝顔や入浴中の写真をこっそり撮影してきます。あとは、『聡美を愛しているから、他の男と会話してほしくない』と言って、私のLINEの友達リストから、男友達を削除しました。インスタやFacebookのユーザー登録も『消して。結婚したらもうSNSは要らないよね』と言ってきます。

これらの行為を強く拒否して破談になった場合、慰謝料は請求できますでしょうか。そのために残しておく証拠を教えてください」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
恋愛運 金運 アラフォー その1 セカンド 浮気 キャリア 貧困女子 不倫 占い 婚活 時短 恋愛講座 アプリ 恋愛 アラサー 浮気事件簿 結婚 運勢 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。