【法律相談】婚約者がSNSや男性との会話を禁止してくる…拒否して破談になったら慰謝料請求できますか?

【法律相談】婚約者がSNSや男性との会話を禁止してくる…拒否して破談になったら慰謝料請求できますか?

自分にとって“嫌なことをする男性”に拒否の意思を伝え、そのことで別れたくないと悩んでいるのですね。

よく考えていただきたいのは、“この男性が好きで結婚したい”のか、それとも“結婚がしたいのか”ということです。後者ならば他の相手もいます。自分にとって嫌なことをする相手の要求を聞いて結婚したところで、あなたは幸せになれるのでしょうか。

私は、離婚を含む男女間の問題に長年取り組んできました。

暴力や浮気などを除いては、離婚の理由について、どちらかが悪いと白黒をハッキリつけるのはむずかしいものです。この場合のように、束縛の基準や性的な嗜好というのは、“合うか・合わないか”それが大きな問題になるからです。お互いよく知らないままに結婚し、入籍してしまった後に問題化して、泥沼の離婚問題になる場合も少なくありません。あなたの場合は、彼のこういう性格が婚前に分かったので、ある意味幸運だったともいえます。

本題にはいりますが、「結婚を前提に」付き合っているから、別れ話は慰謝料につながるかというと、そうではありません。まず、婚約したかどうかが問題になります。両親に挨拶したとしても、必ずしも婚約したことになるとは限りません。

婚約破棄により慰謝料を請求するケースは、婚約していたかどうかが紛争になりがちなので、例えば式場の予約をして前金を入れたとか、結納をしたとか、主観にとどまらない事実を複合的に判断したときに“これはお互いに結婚の約束をしたからこそ”と婚約が認められてはじめて、慰謝料が検討されます。

何より本当に自分は彼と結婚したいのかどうか、よく考えてみてください。お互いに助け合って生活し、将来子どもが生まれたらお互いに頼れる存在かどうか……そこのポイントをよく考えてみてはいかがでしょうか。一度結婚をすると離婚は容易ではありませんから、両親とも相談しつつ、自分の幸せな将来のために決断をしてください。

彼からプロポーズされたときは、愛されていると思い感動したそう。しかし付き合ううち、彼が束縛男子だという本性が見えてきた。

賢人のまとめ

慰謝料請求のポイントは、婚約しているかどうかです。 まずは本当に彼と結婚したいのか考えてみてください。

1 2
キャリア アラフォー アプリ 美人探偵 恋愛運 運勢 金運 貧困女子 不倫 結婚 セカンド アラサー その1 恋愛 恋愛講座 浮気 仕事運 占い 浮気事件簿 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。