50万円に目がくらみ、解雇勧告にサインしてしまった

会社が業績の悪化で一方的に解雇。サインをしてしまいましたが腑に落ちません。みなみさん 34歳 PR会社勤務

 ただし、断わると暴力を振るうとか、度々呼び出して威圧するなど、退職のお願いや申し入れを超え、それが“強要”に至っている場合には、違法となります。

 あなたの場合は、雇用主の対応が、退職勧奨の段階であるのか、解約を合意したものとしているのか、それとも解雇なのかなどの判断がつかない状況だったのかもしれませんね。不安がある場合には、労使問題に詳しい弁護士に相談するべきです。

 退職勧奨を受けたたけれど退職したくない場合には、言われたがままに承諾するのではなく、自分の意思をはっきり示す必要があります。

会社側から退職するようにと言われたが、腑に落ちないとか、どう対応したらよいかわからないと思ったら、周囲の雰囲気や威圧的な態度などに流されずに、専門家に相談するべきですよ。

hou1-2

賢人のまとめ

退職の意思がなければきっぱり断ってOK。おどしや暴力は違法行為です。

1 2

賢人プロフィール

法律の賢人柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

その1 セカンド 占い 結婚 仕事運 婚活 貧困女子 金運 不倫 運勢 浮気 恋愛 アラサー アラフォー キャリア 恋愛運 恋愛講座 浮気事件簿 美人探偵 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。