【法律相談】未婚とウソをついていた本命彼氏、慰謝料を請求するには?

【法律相談】未婚とウソをついていた本命彼氏、慰謝料を請求するには?木本真美さん(仮名・30歳・広告関連会社勤務)

A本当に全く既婚者だと気づかなかったか、振り返って考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の相談に応える連載です。今回の相談者は木本真美さん(仮名・30歳・広告関連会社勤務)。

「婚活系のマッチングアプリで知り合った男性と、1年間交際しましたが、その人は既婚者であることが最近わかったのです。

彼は現在31歳で、マジメな外見と一流大学卒の知性、有名商社に勤務している肩書きもよかった。理想の王子様が私を待っていてくれたと、初めて会った時から夢中になってしまいました。

既婚者だと見抜けなかったのは、まずは指輪をしていないこと。それに、彼の大学時代からの親友という人を紹介してくれたこともあります。また、彼は実家住まいだと言っていたので、当然デートは外か私の家でしていました。

私の誕生日には老舗フルーツ店の高級ケーキを買って来て、きちんと”彼女”として扱ってくれた。そして彼は絶対に怒らない。そんな素敵な人と今まで交際したことがなかったので、それがとても嬉しかったし、結婚するものだと思っていました。でも、一向にプロポーズしてくれなかったんです。

どうして結婚してくれないのかを伝えたら、『僕には妻も子供もいるし、結婚はムリ』とサラっと言われてしまったのです……。私は結婚するつもりで、コンサバな彼の趣味に合わせてガマンしていたこともあり、ショックすぎ!慰謝料を請求したいのです。」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
その1 浮気 不倫 恋愛講座 アプリ 浮気事件簿 美人探偵 婚活 運勢 セカンド アラサー マッチングアプリ キャリア 金運 貧困女子 恋愛 占い アラフォー 恋愛運 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。