【法律相談】母が生前隠していた”前夫の子”の存在、遺産相続の権利はあるの?

母の隠し子に遺産相続の権利はあるの?齋藤恵美子さん(仮名・39歳・派遣社員)

A隠し子であれ、母の子どもなら相続の権利は発生します。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える本連載。本日の相談者は齋藤恵美子さん(仮名・39歳・派遣社員)。

「先日、母が71歳で亡くなりました。がんが見つかってから1年半、闘病の末に息を引き取りました。母も病気がかなり進行していることを最初に聞いてから、終活みたいなことをして、私達は家族でいろんなところに旅行に行きました。

最後は自宅看護になって、半年くらいは父と私達きょうだい3人でケアをしていたので、心の準備はできていました。ですから、家族は割と落ち着いて母の死を受け入れられたと思います。

問題は、亡くなったときに母の戸籍を見たら、実はバツイチで子供がひとりいたこと。母は18歳のときに結婚し、19歳で子供を産んで21歳で離婚していました。それから夜間大学に通って商社に勤務し、父とは28歳で結婚しています。

これは、父も全く知らなかったので、驚いています。初婚だと思い込んでいたようです。父は同じ年でありながら、実年齢よりも落ち着いている母のことを尊敬していたようですが、”そんな理由があったのか”とショックを受けているようでした。母は、知らなくていいことはあえて言わないというタイプの女性です。

母が21歳で離婚してから、おそらく50年ほど会っていない子供は、名前を見る限り男性なので私にとっては異父兄にあたります。現在52歳になっていて、母の郷里である山梨県甲府に住んでいるようです。

母の遺産は1500万円の生命保険と1000万円ほどの貯金のみです。母の遺言書はありません。これは異父兄にも相続する権利があるのでしょうか。

異父兄には全然会ったこともないし、繰り返すようですが、父も私達きょうだい3人も、結婚歴や異父兄について、母からも一言も話を聞いたことがありません。異父兄もきっと家庭があると思いますので、こちらからの連絡もきっと迷惑なはずです。無視したいのですが、その場合はどうすればいいのでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……?

1 2
貧困女子 CITRUS iPhone 金運 結婚 占い レシピ 仕事 美人探偵 時短 派遣 恋愛 アプリ アラサー アラフォー 恋愛講座 浮気事件簿 婚活 派遣女子 ダイエット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!