【法律相談】私の30代を返して!35歳、600万円貢いだ彼にフラれ、お金を回収したい

結婚前提だったからお金をかけたのに結婚してくれなかった彼……実費請求したい!持田洋子さん(仮名・35歳・派遣社員)

Aプレゼント代は「贈与したもの」となるので、請求は難しいです

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える本連載。今回の相談者は持田洋子さん(仮名・35歳・派遣社員)。

「30歳の時に結婚したいと思い、婚活を始めました。お見合い、合コンなどをがんばって40歳の会社員の男性と付き合うことになりました。

彼は10歳年上ですが、大手企業に勤務していて、顔もそこそこカッコいい。関西地方の資産家の次男で、結婚相手に最適です。しかもバツイチではない、というハイスペックな男性です。

彼も最初は結婚したいと言っていたから、私はすごく頑張りました。フェミニンでガーリーな彼の好みに合わせてファッションを変え、髪を伸ばしました。細身の女性が好きだというので、5キロもダイエットしたんです。さらに、週末同棲していたのですが、家庭的な女性と結婚したいと言うから、彼の家で料理、洗濯、掃除だけでなく、ワイシャツのクリーニングも出していました。

彼の家には掃除機がなかったので、海外メーカーのものを買ったり、洗濯機と冷蔵庫も買い替えてあげました。

私はいつプロポーズされるかと待っていました。私は一流企業に勤務する男性とどうしても結婚がしたく、彼を逃したら次はないと思っていました。だから、本当に必死でした。彼と結婚することばかり考えて、30代の貴重な5年間を過ごしてしまったのです。

他にも、グアムに行きたいというからその旅費、ハイブランドのバッグなどのプレゼントも買ってあげて、この5年間の交際の間で600万円くらいは使いました。それなのに、先日“好きな子ができた。洋子は重くてつらい”とフラれてしまったんです。

交際期間中にかかった費用(600万円)については、法律的に実費請求できるのでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2
美人探偵 恋愛 金運 iPhone 時短 アラフォー レシピ アプリ 恋愛講座 CITRUS 派遣女子 浮気事件簿 ダイエット 婚活 占い 仕事 派遣 アラサー 結婚 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!