【法律相談】取引先男性の無自覚セクハラ、クライアントだから強くも言えず……

取引先からの無自覚なセクハラ発言、どうすればいいのでしょうか?米田彩子さん(仮名・35歳・食品メーカー勤務)

Aまずは自分の会社の人に相談をしてみてはいかがでしょうか

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える連載。今回の相談者は米田彩子さん(仮名・35歳・食品メーカー勤務)。

「最近、女性が男性から“ブス”“デブ”“結婚できない”などの暴言を吐かれたことが、セクハラでは無いかと話題になっていますよね。私は東京生まれ・東京育ちで比較的リベラルな環境で育ってきたので、女性を見下すような発言をしたり、むやみに性的な欲望の対象者とする人が周囲にいませんでした。

この度、私が勤務する会社の地方支店にヘルプで行くことになりました。期間は半年間です。今、私は地元のスーパーマーケットや食品店に営業をする仕事をしているのですが、大口取引先の50代の男性担当者に衝撃を受けると同時に、怒りと無力感を覚えています。

相手は、東京で大学時代を過ごしてきたのが自慢のバブル世代。女性に対して“口説くのが礼儀”と考えているようで、私のことを“彩子ちゃん”と呼び、なぜ独身なのか、彼氏はいるのか、結婚の予定があるのかなど聞いてきます。

先日は、2人で話していたのですが、“彩子ちゃんみたいにかわいい子だと、部屋にカギをかけたくなるよな”など、冗談交じりで言われ恐怖を覚えました。 飲みに誘われることはあっても、体を触られたりすることはありません。だから誰かに相談しても“自意識過剰じゃない?”と言われることは目に見えています。

でも、その取引先男性のちょっとした言葉が激しいストレスになっているのは事実です。よい対策方法を教えてください。そして、この場合で私が体調を崩したら、法的手段に訴えることは可能なのでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
美人探偵 不倫 アプリ 派遣女子 iPhone 浮気事件簿 ダイエット 恋愛 アラフォー 金運 占い 恋愛講座 運勢 アラサー 婚活 貧困女子 結婚 時短 CITRUS 派遣
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!