【法律相談】「あなたの育て方を失敗した」親に対して損害賠償を請求することはできるの?

母に対して損害賠償を請求することはできるのでしょうか?山中晶子さん(仮名・35歳・アルバイト)

法的手段、例えば損害賠償請求訴訟を提起すれば、今の悩みの改善になるかといえばそれはわかりません。

親子ですから、法的手段を考える前に、カウンセリングとか、自らの改善を目指す方向で動いてみてはどうでしょう。

質問文内で“私の人生に希望がない”と書いていますが、まずは、なぜ希望が持てないか、冷静に書き出してみてはいかがでしょうか。そこに親がどこまでかかわっているか、分析を。その上で医師の診察を受けるなどのアクションをしてみると、問題の糸がほぐれやすくなると思います。

補足ですが、実の親に対する損害賠償請求行為は、心身的に大きな負担があることが予想されます。今以上に疲弊消耗しないかという現実問題があります。

親子というのは‟他人になれない”。それゆえに、法的手段で解決できるものかどうか、熟考が必要だと思います。 

 

母親の期待に応えられなかった自分は存在価値がない、と死を考えたこともあったといいます。

賢人のまとめ

”親子”である事実は変わりません。訴えを起こす前に、改善の可能性を探ることも考えられます。

1 2

賢人プロフィール

法律の賢人柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

婚活 恋愛 アラフォー 恋愛講座 占い 美人探偵 恋愛運 アプリ 浮気 その1 浮気事件簿 結婚 運勢 アラサー 不倫 キャリア 金運 貧困女子 仕事運 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。