【法律相談】浮気した夫とその相手をSNSで晒したらどうなるの?

浮気相手とのやりとりや情報を、友人限定ならSNSで公開してもいいのでしょうか?栗原朋子さん(仮名・36歳・飲食関連会社勤務)

A名誉棄損になる可能性もゼロではありません

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答える本連載。今回の相談者は栗原朋子さん(仮名・36歳・飲食関連会社勤務)から。

「私の親友の夫が浮気をしたようです。そのことについて、激怒した親友は、夫の浮気についてアップするだけでなく、夫の浮気相手のSNSのトップ画面をスクリーンショットしたものを、タイムラインに上げ続けています。

その内容は、相手を感情的に攻撃したり、冒涜したりするのではなく、淡々と『●●さんと私の夫は、今日●●に旅行に行っているらしい』などという内容です。

アップされているのは写真SNSのスクリーンショットなど。夫と彼女のSNSの内容が同じであることが上げられたときは、私自身もゾッとしました。

最近は、夫と彼女がやり取りしているメッセンジャーのスクリーンショットも上がるようになりました。そのラブラブな内容が、彼女の300人程度の友人限定で上げられています。限定公開なのに、毎回100以上ものすごい書き込みがついていて、私もつい『浮気するなんてひどいね、がんばって』と書き込んでしまいました。

書いた後に、ふと気が付いたのですが、彼女がしているSNSへ浮気内容をアップする行為って、法律的に引っかかることはありませんか?

例えば、夫婦間であれ、夫が知らない間に盗み見たスマホをスクリーンショットし、アップしてしまうって、何か問題があるような気がするのです。

もし、今後、裁判になったらどちらが勝つのか教えていただきたいです。

というのも、私も感情的なところがあり、今後、夫が浮気したら同じようなことをしてしまうかもしれないので……」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
セカンド 浮気 占い 恋愛 結婚 金運 アラサー 貧困女子 浮気事件簿 恋愛講座 時短 運勢 不倫 iPhone 恋愛運 美人探偵 婚活 アプリ 派遣 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。