【恋とキャリアの上方修正】信頼できる大切な上司との亀裂……その修復方法は?~その1~

【恋とキャリアの上方修正】信頼できる大切な上司との亀裂……その修復方法は?~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきた、キャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、信頼できる上司と起業するも、3年目にして意見が決定的に食い違ってしまった女性の状況打破方法です。

信頼できる上司と、意見の衝突からおかしくなった関係

翻訳会社で翻訳者たちのコーディネーター兼、営業として働く松田紀子さん(仮名・31歳)。彼女は、3年前に創業者であり社長の高松好美さん(仮名・35歳)と一緒に会社を興しました。資金を出したのは好美さんです。しかも彼女は強烈なカリスマ性を持ち、卓越したリーダーシップと押しの強さで会社を牽引してきました。一方、紀子さんは地味に足場を固め、現場で働く人と誠実に関係を築くのが得意です。

相反する特徴を持つ女性2人は、この3年間二人三脚で頑張ってきました。しかし、ここ数か月間、お互いの関係がどうもギクシャクしていると感じ、紀子さんは私のところにお見えになりました。

いろいろお話を伺うと、2人の仲がうまくいかなくなった原因が、「今後の方針」にあることがわかりました。営業として現場で働く紀子さんは、創業して3年。やっと取引先からの信用を得られはじめているこの時期は、しっかり足場を固めていきながら、より質の高いサービスを提供できることに力を注いでいきたいと考えていました。

それに対し好美さんは、英語の日本語翻訳を中心にした業務では、クオリティーで同業他社との差もつけづらく、価格競争に巻き込まれてしまう。それに会社の業績を支えているのが、主に好美さんの営業力とカリスマ性という属人的なもの。それでは、遅かれ早かれ行き詰るリスクが高い。経営者として安定的な売り上げの確保と、専門性を高めるために、話者の少ないニッチな言語の翻訳事業を積極的に進めたいと考えていたのです。

話し合いは正面衝突、平行線をたどり、関係がぎくしゃくし……

1 2
浮気 結婚 恋愛運 アラフォー 運勢 恋愛 セカンド 不倫 iPhone 恋愛講座 浮気事件簿 占い アプリ 婚活 派遣 時短 貧困女子 美人探偵 金運 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。