【恋とキャリアの上方修正】信頼できる大切な上司との亀裂……その修復方法は?~その2~

【恋とキャリアの上方修正】信頼できる大切な上司との亀裂……その修復方法は?~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきた、キャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、信頼できる上司・高松好美さん(仮名・35歳)と起業するも、3年目にして意見が決定的に食い違ってしまった松田紀子さん(仮名・31歳)の状況打破方法です。

~その1~はこちら

公私ともに信頼する相手と決別するのは辛い

紀子さんにとって、好美さんは単なる経営者と社員の関係ではありません。憧れでもあり、ビジネスパートナーでもあるのです。だからこそ好美さんとの会社を盛り上げていきたいし、成功して、さらに幸福になってほしい……そんなお互いの思いが強くなるほど、2人の意見は真っ向から衝突。

迷いに迷い、過去を振り返ったり将来を悲観的に嘆いたりする紀子さんに、私は大切なことを優先順位で並べることを指示しました。すると、憔悴しきっている中でも紀子さんは様々なことを紙に書き始め、1時間程度で下記の3点にまとめたのです。

この「紙に書く」という行為は、迷っているときに絶大な威力を発揮する、思考の整理方法です。

1.恩人であり、憧れである好美さんの会社を成功させて、好美さんに幸せになってほしい。

2.自分自身もキャリアを積み上げて、英語翻訳者として大成したい。

3.「1」と「2」を両立させながら、好美さんとの関係を改善したい。

今後の会社の方針を決定するのは、言うまでもなく経営者です。もちろん、その決定に誤りがあることもありますが、少なくとも現社長である好美さんの考えを間違っているということはできません。

なぜなら、その決定によって最も責任を負うのが社長の好美さんだからです。好美さんの判断に従うこと、そしてその判断を成功に導くために力を尽くすのが、社員である紀子さんの役割です。

しかし好美さんの判断にそのまま従えば、仮に事業としてうまくいっても、紀子さん自身のキャリアを少なからず犠牲にすることになります。ニッチ市場である以上、その分野の取引先の開拓や専門家との人脈づくり、会社としての体制づくりに、紀子さんの労力が割かれてしまうからです。

自分のキャリアを取るか、会社の発展を取るか……

1 2
占い 不倫 美人探偵 結婚 恋愛 金運 浮気事件簿 アラフォー その1 キャリア 浮気 貧困女子 婚活 恋愛運 時短 アプリ 恋愛講座 アラサー 運勢 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。