【恋とキャリアの上方修正】営業のエース転落、婚活惨敗……デキる女子が負のスパイラルから抜けた方法~その2~

【恋とキャリアの上方修正】営業のエース転落、婚活惨敗……デキる女子が負のスパイラルから抜けた方法~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきた、キャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女性に多い「プレゼン失敗、営業成績転落、婚活惨敗」という負のスパイラルを脱出する方法についてお話します。

その1はこちら

大手放送局系列の映像制作会社でプロデューサーとして働く里村喜代子さん(仮名・35歳)は、ここ最近のプレゼンで、2社連続して発注を取ることができず、婚活もうまくいかず、負のスパイラルにハマっていました。

誰もプレゼンで勝てる方法など知らない

喜代子さんの顔を見て、これは負のスパイラルに入っていると直感しました。笑顔に覇気がなく、空回りしているようなポジティブなことばかり言うのです。

ひととおり喜代子さんの話しを聞き、おおよそ喜代子さんが抱えている問題について理解をした私は、それについて話す前提として次のこと言いました。

「私は、絶対に負けられないんです。あの女に勝たなければ、私の存在意義はなくなるんです。プレゼンで絶対に勝てる方法を教えてください。それに婚活もうまくいかないのです。何とかしてください!」と切実な表情で言います。

そこで私は、「私は発注元企業の担当者ではないので、どうすれば発注を取れるかを聞かれても、わかりません」と言いました。

その後、「ましてや、必ず契約が取れるプレゼン方法などありませんし、それがあるなら苦労する人などいないでしょう。婚活も同じで、必ず結婚できる方法などは存在しません」と、きついことを言っていることは承知の上で、追い打ちをかけたのです。

私の言葉を聞いた喜代子さんの目には、落胆の感情がみるみると浮かんできましたが、その後の説明に目の表情が、だんだんと希望に変わっていくのでした。

焦れば周囲が見えなくなる、だから人の気持ちがわからなくなるのです。当然のごとく、失敗します。そしてまた焦る……喜代子さんは、この典型的なパターンのスパイラルに陥っていました。

それを打破するには、じっくり待つことが大切です。人の気持ちを水の沸騰に例えて、話をすることにしました。

「喜代子さんは水を瞬時に沸騰させようとして焦っています。しかし、水は100度になるまで時間がかかるものです。一気に熱しようとして強火にしても、そう早くは100度にはなりません。それならば、適切な火力で熱しつつ少し待てばいいだけのことです」

すると、喜代子さんは「水の沸騰が、人の気持ちということですね」と返してきました。

「その通りです。気持ちも、“その人にとっての沸点”を超えない限り、動くことはありません」

「そうですか……焦っていた私は、一度のプレゼンだけで、その場で強く相手に決済を迫っていました。婚活も、少し仲良くなったくらいの距離感の相手に、強く交際するかどうかの判断を迫っていたかもすれません」

喜代子さんはその場で相手の心の温度も上昇していることを感じて、結果を急ぐような行動をとってしまったのでしょう。しかし、まだ相手の気持ちは本当の意味での沸点には到達していません。

相手は喜代子さんとのコミュニケーションを深めながら、少しずつ温度を上げていきたいと思っていたところに、強く迫られれば、せっかく上昇した温度も急激に冷めてしまうものです。

もちろんプレゼン内容の良し悪しや、出会った人との相性や好き嫌いという問題もゼロではありません。しかし、喜代子さんの過去の実績や人柄から察するに、失敗した2件のプレゼン。そして婚活パーティーで出会った人との別れも、大きくはここに原因があったといえるでしょう。

それに、もう少し落ち着いた対応ができれば、結果は同じだったとしても、喜代子さんの納得感が違っていたでしょう。それゆえに例え落ち込んだとしても、次への切り替えも、もっと早くできたでしょうし、長く落ち込んでいたことによる機会損失も防げたという可能性だってあります。

もっとも重要なのは、相手に寄り添いながら待つこと

1 2
アラサー アラフォー 恋愛 派遣 アプリ 不倫 浮気 占い 運勢 iPhone 婚活 セカンド 美人探偵 恋愛講座 貧困女子 恋愛運 金運 浮気事件簿 結婚 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。