【恋とキャリアの上方修正】美人で聡明なのに……元モデルの芸能事務所社長がフラれ続ける理由~その2~

【恋とキャリアの上方修正】美人で聡明なのに……元モデルの芸能事務所社長がフラれ続ける理由~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきた、キャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、「デキる女性」が恋愛や人間関係で失敗しがちなことについてお話します。

 相手にも、きちんとしていることを求める

今回の相談者・吉原志保理さん(仮名・35歳)は、2年前にタレント事務所を開業。経営もそろそろ安定してきたこともあり、自分の婚活を始めるも、3連敗。自信があっただけに、相手から断られることの衝撃は大きく、私のところに相談にみえました。~その1~はコチラ

志保理さんと話すうちに、彼女の婚活がうまくいかないのは、「きちんとしている」ことを相手にも求めることだと感じました。

志保理さんは若い頃から何事に対しても誠実で、軽率なことを口にすることもなく、約束は必ず果たすことを信条としてきました。仕事においては、それはとても重要なことです。しかし、志保理さんはその考えを、相手にも求めてしまっていたのです。

待ち合わせに5分遅れた相手をしかりつける

志保理さんは、自分と同じことをできない相手を信用しない。これこそが婚活の障害になっていたのです。5分の遅刻でも相手を叱りつけ、他愛もない会話の一つ一つに対しても、反応していきます。

あるとき、交際相手が「今度旅行にでも行きたいね」と軽く口にしたときには、志保理さんはその場で手帳を開き、日程や行き先をその場で決めようとしました。

相手は、そこまで深くも考えていなかったので、「また今度ゆっくり予定を決めよう」とお茶を濁すことでその場を収めましたが、志保理さんは納得できません。

その日の夜、彼にあのような軽口は、相手を期待させるだけなので、慎むべきだという厳しいメールを送ったそうです。その後、その相手とは距離が遠ざかり、別れたい旨の連絡を受けることになってしまいました。

大なり小なり恋愛相手とそのようなやりとりばかりで、結局振られてしまう、自分に合う人はいないのではないか……そう語る志保理さんの表情は、すっかり落ち込んでしまっていました。

男性への要求水準が高く厳しくなっていく…

1 2
恋愛運 アプリ 貧困女子 iPhone 金運 恋愛講座 アラサー 結婚 運勢 アラフォー 婚活 不倫 美人探偵 恋愛 その1 浮気 時短 浮気事件簿 占い セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。