【恋とキャリアの上方修正】年収1000万円超えのハイスぺ女子、婚活が難航する理由はどこに?~その2~

【恋とキャリアの上方修正】年収1000万円超えのハイスぺ女子、婚活が難航する理由はどこに?~その2~

会ったばかりの男性の可能性をシミュレーション

弘子さんは、相手と最初に会った日に、自分の人生戦略を立てるべく未来を予想していたそう。

「もちろん、交際に至った場合のシミュレーションもするんですが、それもたいがい面白味のないものになるか、やっぱり良い結果にならないんです。そうするとこれ以上の付き合いは無駄だろうと思って、私から終わりにしてしまいます」

つまり、条件面などはあまり考慮しないものの、弘子さんの脳内シミュレーションで良い結果にならないと判定されると、そこで関係を終わらせてしまうということ。

弘子さんはこれまでのキャリアから、未来予測の正確さを求められていたこともあり、ついそれを恋愛や結婚にも当てはめて考えてしまうところがあったのです。

恋愛は「五感と体験」がカギを握っています。

人が「五感」を通じてする「体験」は、常に予測を上回るものなのです。例えば海外旅行のパンフレットの写真を見て、ここはだいたいこういうところだろう、こういう体験ができるのだろう……そういう予測をしてはいても、実際にその地で体験をすると、それは事前の予測を遥かに上回る体験になることと似ています。

特に男と女のこと。古今東西、男女の問題が、予測どおりにいくことなどまずありません。いくら、事前にシミュレートしてみたところで、実際に付き合ってみないと、当たりもハズレもわからないのです。

もちろん年齢的な焦りもあって、失敗をして時間を無駄にしたくないという気持ちは、真っ当なものです。

私は弘子さんに、「生理的にダメな相手でなければ、まず実際に付き合ってみること。弘子さん自身が五感を通じて、相手のことを理解してみてはいかがですか」と勧めました。

そして、その時点でやっぱりダメだとなったなら、そのときは時間を無駄にせずに「損切り」すること。弘子さんにはそのくらいの割り切った合理的な判断力があるので、それは問題ありません。

婚活には、戦略と戦術が不可欠であるのは言うまでもありません。しかし、それでも男と女のこと。最後は結ばれてみないとわからないもの。実際に付き合ってみる、という体験を通じてでしかわからないこともあります。

それから半年、40歳を目前に弘子さんは、以前だったら恋愛対象にもしていなかった3つ年下の誠実な地方公務員の男性との交際をスタート。結婚を前提に、来月には双方の両親との顔合わせもするとのことで、変わらず多忙ながらも幸福な毎日を送っています。

思いもよらないところに突破口がある婚活。それは人によって原因と理由が異なる。まずは、相手と同じ時間を過ごすことが大切。

賢人のまとめ

1、五感を通じてする体験は、事前の予測を上回る 2、男と女には付き合ってみることでしか、わからないことがある 3、失敗しても「損切り」できれば、失うことはそんなにない

1 2
セカンド 時短 恋愛講座 アラサー 金運 占い 貧困女子 アプリ その1 結婚 美人探偵 恋愛運 恋愛 キャリア アラフォー 婚活 不倫 浮気 運勢 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。