【恋とキャリアの上方修正】選ばれない、関係が続かない……キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題~その1~

【恋とキャリアの上方修正】選ばれない、関係が続かない……キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題~その1~

理想的な上司の裏の顔が見抜けなかった後悔

他部署から配属されてきた彼は、仕事ができるだけでなく、部下指導にも熱心で、気づけば出会って3か月目頃には真紀さんとは男女の関係になったのでした。

彼は真紀さんの家に入り浸り、頻繁に泊まることもあり、夫婦同然の生活をします。

しかし、当初彼はバツイチと聞いていたのに、実はまだ離婚が成立していないどころか、バリキャリの奥さんと一緒に住んでいたことも発覚。だまされたことを悟った、真紀さんはすぐに別れを決断しました。

上司と別れた真紀さんでしたが、あらためて30代になっての独り身に、寂しさを感じるようになりました。特に、別れた上司に家庭があったことを思うと、やはり自分にも帰れる場所、自分の居場所と思える場所が欲しいと思うようになったのです。

それからは、友人に誘われた飲み会には、よく顔を出すようになりました。飲み会ではひときわ目立つ美人だけあって、男性からは頻繁に連絡先を聞かれます。そのうち何人かとはデートを重ねることもありました。

しかし、関係が長続きすることはありません。お互いが気心知れたくらいの関係になると、なぜだか相手が距離をとりたがり、結局そのままフェードアウト。

そんなことを繰り返しているうちに、やがて飲み会の数も減っていきます。

このままではいけない、そう危機感を持った真紀さんは、結婚相談所に登録。同時に婚活アプリも使うようになり、出会いの数を増やすことに力を入れるようになりました。

なかでも、結婚相談所で出会った人とは、一時真剣交際に発展しました。しかし、それでも結局、長続きできず、いつの間にか、相手から距離をとられるようになり、フェードアウトという同じことの繰り返し。

そのような婚活を2年続け、私のもとを訪れてきたときの真紀さんは、「昔、プロポーズされた瞬間の自分にバカって言ってやりたい。あれを断ったから結婚できないのかもしれません」と、すっかり疲労困憊していました。

自称・バツイチという年上男性と付き合ってしまい、相手が実は結婚していたという経験がある人は少なくない。

仕事がデキる女性が、相手から選ばれないたった一つの原因は、言葉遣いだった……~その2~に続きます。

1 2
貧困女子 浮気事件簿 セカンド アプリ アラフォー 結婚 金運 アラサー 不倫 美人探偵 恋愛 占い 運勢 浮気 キャリア 恋愛講座 恋愛運 婚活 その1 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。