【恋とキャリアの上方修正】インテリキャバ嬢から敏腕経営者へ、成功続きだったのにうまくいかない原因は年下カレ?~その2~

【恋とキャリアの上方修正】インテリキャバ嬢から敏腕経営者へ、成功続きだったのにうまくいかない原因は年下カレ?~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、成功に欠かせない「初心の大切さ」についてのお話です。北関東で輸入雑貨の店を経営する、山本瑞希さん(仮名・34歳)は、名門大学在学中よりキャバ嬢として活躍。その後、銀座のクラブの経営者になり大成功をおさめますが、精神的に参ってしまい経営から退きます。そして、29歳の時に雑貨店の経営を開始、しばらくは順風満帆でした。

その1はこちら

気が付けば、業績がガタ落ちしていた。

12歳下の圭介さん(仮名・22歳)というパートナーも得て、順調に回っていると見えた瑞希さんの人生がおかしくなったことに気が付いたのは、交際がスタートしてから2年後の今。気が付けば、雑貨店の売り上げがガタ落ち状態になっていました。

私と電話をすると挨拶もそこそこに、「すべてがうまくいっていたはずなのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。やはりネット通販や、時代の変化に私がついていけていなかったからでしょうか」とまくしたてる瑞希さん。

後日、私のオフィスに来たときは、売り上げの推移を示す資料を広げています。経営資料の数字を前に、歯ぎしりしながら悔し泣きをしている清楚な美貌の瑞希さんは、鬼気迫る表情をしています。

資料を拝見すると、圭介さんと交際して半年が経過した1年半前から、売上と利益が右肩下がりになっていることが示されています。

幸いにして、資金的にはまだ余裕があるので、資金繰りに右往左往しなければいけないような事態ではありません。とはいえ、このまま右肩下がりが続けば、やがて資金にも限界がきます。

しかし瑞希さんにとって、もっと大きな問題は、売上が落ち始めた時期と同じ時期から圭介さんとの距離が遠のきつつあることでした。

以前は頻繁に会い、2人が休みの日は、瑞希さんの部屋で過ごすことも多かったそうです。しかし、だんだん瑞希さんの部屋に近づくこともなくなり、最近はLINEを送っても、既読スルーされることが多く、用件は店にいるときに事務的に話す程度になってしまっています。

このまま店もダメになっていけば、圭介さんとの関係ももっとダメになってしまうのではないか……そんな焦りや不安にせっぱ詰まってしまった瑞希さん。その顔からは、すっかり生気が失われているようでした。

ひととおり話を聞いた私は。売り上げだけでなく、圭介さんとの関係も回復させることは、それほど難しいことではない……そう瑞希さんに伝えました。

「まあいいか」の気持ちが、じわじわと経営を後退させていく

1 2
貧困女子 アラフォー 浮気 アプリ 浮気事件簿 恋愛 美人探偵 アラサー 恋愛運 恋愛講座 占い その1 婚活 結婚 キャリア 金運 運勢 時短 不倫 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。