【恋とキャリアの上方修正】35歳恋愛経験ゼロの腐女子の婚活、うまくいかないその理由とは?~その2~

【恋とキャリアの上方修正】35歳恋愛経験ゼロの腐女子の婚活、うまくいかないその理由とは?~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

一部上場している有名商社で総合職として働く野田早苗さん(仮名・35歳)は、婚活をスタートしてから6年目。100人以上の男性と会いましたが、ピンと来る人は1人もおらず、相手からも断られ、すっかり疲弊していました。

その1はこちら

マンガで起こることが、自分にもあったなんて……

これまで、「あらゆるマンガを読み、恋愛のこともマンガを通じてすべてわかっている」そう思っていた早苗さんは、28歳の時にプロポーズをスルーしてしまい、私に聞かれるまで忘れていたことに大きなショックを受けました。

「結婚は、何もしなくてもドラマティックな出会いが、ある日突然訪れてできるもの。それが当たり前だと思っていたんです」と語る早苗さん。

しかし、婚活パーティー、婚活アプリで男性から値踏みされ、100人以上会っても断られ続け、自分も相手にピンとこないことが続いていました。その理由は31歳まで恋愛経験が一切ないために男性から好かれず、選ばれないと思い込み、自信を喪失していたのです。

私は、早苗さんのお相手は、女性を年齢や容姿で判断する男性が多い婚活パーティーやアプリにはいないのでは、と申し上げました。

とはいえ、早苗さんは何をすればいいかわかりません。両親に相談すれば、それなりの人とのお見合いでも設定してくれそうですが、それから広がる人間関係のうっとうしさを想像すると、げんなりしたそうです。

初回のセッションで、恋愛との縁が皆無ではないと自信をつけた早苗さんは、とりあえず男性経験だけでも積んでおくことにしたそうです。

大学の同級生、趣味関連、何人かの知人男性に声をかけ、食事のデートをしましたが、話は盛り上がるものの、皆一様に早苗さんをそれ以上は誘ってきません。

男性と食事に行くこと7人目、大学の先輩にあたる35歳のバツイチ男性が「今夜、一緒に過ごそう」と誘ってくれたとか。

高鳴る胸をなんとか押さえつつ、その男性にタクシーで連れて行かれたのは、渋谷のラブホテル街でした。早苗さんは、自分の初めての夜は、外資系高級ホテルの美しい部屋だと思い込んでいました。それなのに現実はラブホテルであり、その中でも最も値段が安い部屋を選ばれたのです。先輩も早苗さん以上に裕福です。「金持ちは、使う価値がない金をケチる」ことを骨の髄まで知っている早苗さんにとって、先輩が自分との男女の行為をかなり低く見ていることは、許しがたいものでした。

一瞬にしてテンションの下がった早苗さんは、結局、先輩の制止を振り切って、帰宅。その後、連絡をとっていないそうです。

それでも、出会いのチャンスを増やそうと努力し続ける

1 2
セカンド 占い 恋愛講座 キャリア 時短 恋愛 アラサー 結婚 美人探偵 アプリ 金運 浮気事件簿 貧困女子 婚活 浮気 運勢 不倫 その1 恋愛運 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。