【恋とキャリアの上方修正】独身女子にはいいことなし!マッチングアプリで出会った不倫男の不誠実な態度と巨額の慰謝料~その2~

【恋とキャリアの上方修正】独身女子にはいいことなし!マッチングアプリで出会った不倫男の不誠実な態度と巨額の慰謝料~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女性に多い「マッチングアプリ恋愛で不倫をしてしまうこと」についてのお話です。北関東の病院で看護師として働く、高田佐和子さん(仮名・31歳)は交際6か月になる恋人・秀樹さんを独身だと思っていましたが、彼は既婚者でした。彼の妻が激怒して、自宅前に乗り込んできます。

その1はこちら

通勤前に妻が待ち伏せ、妻のクルマに乗せられ、喫茶店へ……

まず秀樹さんは久美子さんの夫であり、久美子さんの家の婿養子であること。そして、将来的には久美子さんのお父さんが経営する建築会社を継ぐ予定であり、今はその会社の副社長であるということ。

つまり秀樹さんが佐和子さんに語っていた内容は、全部嘘だったのです。おまけに久美子さんは今妊娠中であることも告げられました。

とはいえ、佐和子さんが何も知らされておらず、秀樹さんに騙されていただけのことは久美子さんも承知していたようです。久美子さんの要求は、「これ以上コトを荒立てたくないので、金輪際秀樹さんに近づかないで欲しいし、連絡も取らないで欲しい」というものでした。

この6か月は何だったのか……悲しくもあり、腹立たしくもあるやり場のないモヤモヤした感情を抱えながらも、現実を受け入れ、承諾の返事をしようとした佐和子さんでしたが、そのときに放った久美子さんの言葉が事態を一変させます。

「昨夜はごめんなさい。彼がリスクを冒してまで入れ込んでいる女性なら、私には太刀打ちできないようなよっぽどハイレベルの人かと思ったのだけれど、資料を見たらそうじゃなかったみたいで。それでも、この子に負けているのかと思ったら、つい頭にきて興奮しちゃって」

佐和子さん頭の後ろのほうで、何かがプチっと切れる音がしました。心の中で「この高飛車で失礼な女は許せない。だいたいこういう失礼なことを言う女だから、秀樹は不倫をするんでしょ。こんな女と、秀樹を一緒にいさせるわけにはいかない」と大きな声で叫んだのです。

ついさっきまで、秀樹さんとの関係が終了モードになっていた佐和子さんでしたが、久美子さんに対する怒りの感情から、終了モードを心の中で撤回していたのでした。

その場は、静かに久美子さんと別れ、秀樹さんとはもう合わないと念書まで書いた佐和子さんでしたが、心の中では、むしろ秀樹さんをどう久美子さんから略奪してやろうかという、青白い炎が燃え始めています。

秀樹さんは秀樹さんで、元々軽薄なのでしょう。一旦は妻にバレたとはいえ、次にバレなければ大丈夫と、高を括って佐和子さんとの付き合いを継続しようとしていました。もちろん、以後は二人で合う場所を隣町にするなど、慎重を期すことにしたそうです。

結局、すべて見た目上、“妻バレ以前”通りになったのです。

違うのは、佐和子さんが秀樹さんをもう信用していないこと。そして秀樹さんに対して、以前のような愛情も無いことです。しかし秀樹さんと会うたびに、失礼な妻である久美子さんに“勝った”ような気になれるのが、佐和子さんにとっての喜びでした。

やがて。その状況は久美子さんに察知されてしまいます。以前であれば、久美子さんも秀樹さんに騙されていた立場でしたが、今は完全な不倫の確信犯です。

そうしてある日、佐和子さんが自宅に帰ると、弁護士名で内容証明が届いていたのでした。それは言うまでもなく、佐和子さんの不貞行為に対する、久美子さんからの慰謝料請求です。請求額は1000万円でした。

妻の前では腰砕けになる恋人を見て……

1 2
アプリ 恋愛 恋愛講座 アラサー 占い アラフォー 浮気 仕事運 貧困女子 キャリア 運勢 浮気事件簿 不倫 恋愛運 美人探偵 結婚 セカンド その1 金運 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。