気の利く女子にありがちな「自分さえ我慢すればいい」マインドの危険性~その2~

気の利く女子にありがちな「自分さえ我慢すればいい」マインドの危険性~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、「気配り上手な女子が不幸になりがちな原因」についてのお話です。都内の大手建設会社で、インテリアコーディネーターとし働く水野友美さん(仮名・33歳)は5年の不倫を精算し、新たな恋人と同棲を始めたのに、なぜか不安が膨らんでしまいます。

その1はこちら

理由がない不安に取りつかれてしまう

陽気で周囲への気配りを欠かさない友美さんと、どちらかというと内向的な聡志さんという両極端の二人の交際でしたが、それがうまくいき交際半年で同棲を開始。しかし、友美さんの心にモヤモヤとした不安が生まれてきます。それをよりにもよって、元不倫相手である上司に相談してしまったのです。

友美さんにとっては、異性の年長者に意見を聞いてみたいという程度のものでしたが、元恋人である既婚者の上司はそう思わなかったようです。相談して以来、やたらと頻繁に上司からLINEが届くようになったのです。そしてある日、ひょんなことから、そのLINEを現在の恋人である聡志さんに見られてしまったのでした。

友美さんにやましい気持ちはないとはいえ、以前に交際関係、しかも不倫関係にあった男性と連絡をとっていたという事実は、友美さんと聡志さんとの関係に、深い溝を作るには充分すぎるものでした。以来、二人の関係はギクシャクしたままになってしまったのでした。

友美さんは、「昔の不倫相手とコンタクトを取った自分の迂闊さは反省している。でも、この状態を何とか解決したい。ギクシャクした二人の関係を元に戻したい。そのためにも、そもそも自分が感じていた、漠然とした不安と心配の原因を突き止めたい」と語っています。

友美さんは、大粒の涙を流しながら、しゃくり上げながら泣いています。自責の念の強さを感じました。

友美さんが抱える問題は「機能不全家族」を作る要素のひとつでもあった

1 2
浮気事件簿 結婚 恋愛運 恋愛講座 恋愛 アラサー アラフォー 占い マッチングアプリ その1 金運 貧困女子 セカンド アプリ 運勢 浮気 美人探偵 婚活 キャリア 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。