やっぱりダメ男が好き……不倫女子が自ら背負う苦労~その2~

やっぱりダメ男が好き……不倫女子が自ら背負う苦労~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女子に多い「ダメ男に安らぐ」というパターンについて。外資系コンサルタンティング会社で働く小山内麻衣さん(仮名・32歳)は、30歳のときに上司との不倫が原因で、大手広告代理店から外資系のコンサル会社に転職。新たな恋も始まったところに、かつての不倫相手から連絡が……。

その1はこちら

ボロボロになった姿を見て、助けたいと思う

元恋人だった伸之さんと会うことは、新恋人の勇さんには伝えていません。

2年ぶりに会った伸之さんは、かつてとは様変わりしていました。麻衣さんと恋愛していた時代は、ラグビーで鍛えた胸板とガッチリとした肩幅、そして誰にでも明るく笑顔で話しかけるスポーツマンタイプだったのに、今はやつれはてて、薄汚れたコートを着ており表情もうつろです。

聞けば、伸之さんは地方へ転勤後、すぐに奥さんとも離婚。地方支社での冷遇に耐えられずに、結局退職。東京に戻って、大学時代の友人に誘われ一緒に起業。しかし、その友人に資金を持ち逃げされてしまい、今は資金繰りに困窮しているとのことでした。

別れてからの顛末を、泣きそうな顔で話す伸之さん。その声に耳を傾けながら、麻衣さんは過去のことを思い出しました。「この人は昔からそう。お人好しですぐ人に騙される。わざわざ面倒ごとを自分で作っておいて、それで解決できなくなると、こうして私に頼るんだから」と心の中で思ったそうです。

やがて、伸之さんは麻衣さんに電話をしてきたことについて話しだしました。「ホントは電話してはいけないのはわかってる。俺には麻衣しかいないし、頼れるのも麻衣だけだ。でもこのままだと会社がもうヤバくて」と。

奥歯にものが挟まったような言い方をする伸之さんの心情を察して、麻衣さんは切り出しました。「お金大丈夫なの?」「いや、もうダメかも」「いくら必要なの?」 

聞けば、100万円が必要だとのこと。さすがにいくら昔付き合っていた相手とはいえ、それをいきなり麻衣さんが用立てるのは躊躇します。

「50万なら用意できるから」そう言った麻衣さんに対して、目に涙を浮かべながら「本当にごめん。そしてありがとう」と頭を下げる伸之さんの姿を見て、麻衣さんの心にも不思議な安心感が生まれてきたのでした。

その後も、御礼がしたいからと、麻衣さんは伸之さんに呼び出されました。直接的にホテルに誘われることはないものの、甘い雰囲気が漂っています。食事代は御礼の名目で勇さんが出してくれます。それでも、なぜだか別れ際頃には困っているだろうから、と数万円単位で麻衣さんが伸之さんにお金を渡すようになっていました。

さらにその頃になると、麻衣さんは今の彼である勇さんと別れて、自分を頼りにしてくれる勇さんと付き合ったほうがいいのではないかと考えるようになっていたのです。

周囲の人の話を聞いて、一時期は目が覚めるも……

1 2
不倫 キャリア その1 仕事運 恋愛 浮気 美人探偵 婚活 セカンド 金運 アプリ 恋愛講座 運勢 浮気事件簿 アラフォー 貧困女子 アラサー 占い 結婚 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。