エリート男子との社内恋愛がいじめの標的に…嫉妬心をあおった地味女子の行為~その2~

エリート男子との社内恋愛がいじめの標的に…嫉妬心をあおった地味女子の行為~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、高嶺の花の男性を射止めた藤岡友里さん(仮名・29歳)が受けた職場いじめの原因と、その結果についてのお話です。

その1はこちら

元カレとのラブラブ写真が、現在の彼のデスクに置かれてしまった

健太郎さんの手元に届いた写真は、友里さんが3年前に別れた元彼とのラブラブ写真。どこかのSNSにアップした記憶があるものの、心当たりはありません。おそらく社内で友里さんの不幸を願う人が仕込んだのでしょう。

写真については、健太郎さんに説明し納得させたものの、健太郎さんの顔は曇ったままです。

「最近、他の女子社員から、よく思われていない」そんなことを友里さんから聞いていた健太郎さんは、意を決したように言いました。

「俺のせいで、友里が迷惑を被っているようで心苦しい。もし友里が苦しいなら、俺は友里と距離を空けようとも考えている」

友里さんは愕然としました。健太郎さんの言葉は、友里さんを気遣っているようで、どこか面倒くさいものから離れたい、と言いたげな気配を感じさせるものだったからです。

このままでは、健太郎さんの気持ちが離れてしまう……そんな危機感を持って、友里さんは私のオフィスを訪ねてきたのです。

一見すると地味な雰囲気ですが、清楚で清潔感があり、セクシーさを強調した服を着ています。友里さんは自分の魅力と、そのアピール方法がよくわかっている女性です。それを派手に前面に押し出すのではなく、地味に「わかる人にだけ」アピールする。いわゆる「女性の敵」と言われそうなタイプです。

こういう女性はエリート男性に好かれます。周囲に自己主張が激しい優秀な女性が多いからこそ、友里さんのようなタイプに健太郎さんが心惹かれるのはよくわかりました。

「健太郎さんと付き合ったことで、嫉妬され、女子社員の関係が悪くなりました。そして健太郎さんの気持ちも離れていきそうなんです」

涙ながらに話す、友里さんの話を聞き終えて、私が感じた違和感は「それにしても、その程度のことで他の女性社員と関係が悪くなるか?」というものでした。

地味女子がやっていた、派手な「匂わせ」

1 2
キャリア 仕事運 運勢 アラサー 恋愛運 アプリ 占い 不倫 恋愛講座 アラフォー 金運 貧困女子 恋愛 その1 セカンド 婚活 浮気 浮気事件簿 美人探偵 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。